« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/31

おおみそかなのです。

一年経つの早いですねぇ、アッ!と言う間です。いったいこの一年間何やっていたんだか?まったく覚えてません。アッ!と言う間に一日が終わり、アッ!と言う間に一週間が過ぎ、アッ!と言う間に一ヶ月が経ち、アッ!と言う間に一年が過ぎてしまいました。このスピードだとアッ!と言う間に人生も終わってしまうと思います。やれやれ。全ては過ぎ去ってゆくばかり。今年は去年の続き、来年は今年の続き。グルグル生きるのみ。来年もよろしく!よいお年を。(○゜ε゜○)ノ~~

10812301

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/30

夏の庭-The Friends

驚いたことに未DVD化。西の救世主、読売TVに感謝。ボクの行動範囲を舞台にした死についての映画。ラストには個人的な想いもあって胸に痛いくらい迫ってきた。ほんとにほんとに相米作品は素晴らしい!

お菓子材料の店「クオカ」

こだわり商品研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お引越し

東から追われた天才は西で救われ奇跡を残す。もはや言葉はいらない。だた見つめればいい。等身大の相米慎二に会いたかった。今はただそれだけを思う。

ブラック・ナチュラル・ヘアソープ

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京上空いらっしゃいませ

ぐるっと廻ってデヴュー作へ回帰。そんな印象。牧瀬里穂がとてつもなく素晴らしく恋してしまいそうなくらい。でも、結婚しちゃったんだよなぁ・・・。幻の「壬生義士伝」に中井貴一が出演していたのはこの作品の縁だったんですね。(佐藤浩市もオリジナルなキャスティングだったんだ)。なんて言うのかな・・・もうほんとに映画的で素晴らしすぎて見ていてしんみりして泣けてくる。「死んで詫びろ!」と言われてもこうやって作品を残した者の勝ちじゃないのかしら。そう思います。

【グルメ】毎月届く定期便

オフィス・デポ ジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

光る女

相米作品の中でいちばんの問題作だと思っておりまして、そこんところの顛末はここで詳しく述べられています。そんなにお金がかかっているようには見えないのだけど。原作の映画化だけど、その原作よりもどっちかというと中上健次の書いた小説の映画化のよう。相米慎二描くところの中上健次作品の映画化なんて・・・気絶しそう。

1日3粒気軽に摂れるサプリメント

キングソフトインターネットセキュリティU

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/29

ゴジラVSデストロイア

大河原・大森・伊福部トリオで平成ゴジラの最後を飾ります。けっこうおもしろかった。ゴジラの死と再生の物語。一作目とリンクさせた構成とその新たな誕生のラストには「おっお~!そう来るか!」と不覚にも思わず唸ってしまいました。核の恐怖はなくならない。と、いう事か。なんやかんや言いながらシリーズを見てきてのこのエンドタイトルには感慨深いものあります。で、次はミレニアム・ゴジラ。さて、どうなりますことやら?

『すっく』しまじろうとうたおう!3さいからのえいごBOX

やど上手新規メンバー登録キャンペーン【やど上手】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラVSスペースゴジラ

ダメダコリャ!ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

もうなにもいうことはなし。

究極のランジェリー(ボクサー)

ウェルネス フラワー&グルメ ギフトショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラVSメカゴジラ

ゴジラ映画をこうやってシリーズでまとめて見ていると、自衛隊てのは、学習能力ないんかとつくづく思うわけですよ。いっつもやられるばっかしで全然抑止力になってないんだもんね。で、Gファースてのが登場するわけなんだけど、これがね、もうトホホなのよ。高嶋兄もね、トホホで、ベイビー・ゴジラ登場でいよいよというかゴジラも小学生向けに回帰なわけです。脚本は大森なままなんですが、監督変わりましたから、バトルシーンはちとハードでなかなかに見応えだけはあるんです。

オンライン書店 boople.com

オートバックスドットコム

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラVSモスラ

どんだけ大森一樹はスピルバーグ命なのだと。まんま「インディー」のパクリから始まるのだけども、もうこうなるとリスペクトというよりもマネだね、マネ。プロの仕事だとは到底思えない。別所哲也の演技はまるでアニメの主人公みたい。なんでいつもああ不貞腐れてるんだか、ダレテるんだか?素人じゃん、まるで。モスラもね、顔がとにかく可愛いから、まんま、ぬいぐるみそのもの。バトルシーンには見るべきものあったりするんでいいんじゃない、もうこれで。と、ちょっと投げやり。

Dear woman カーグッズ

キリン ヤクルト ネクストステージ ウェルスタイルショップ 『サプリズム』

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/28

人間60年 ジュリー祭り

Ks 7時間、80曲!のコンサートなんて・・・!昨晩、45分番組、今、BShiで90分番組をやってます。blue-rayなら1枚に収録できるのかな?見た目は置いといて、声とバンドのサウンドは最高!です。想像・予想を遥かに越えて素晴らしい!どうせやるなら誰も超えられないことをやろう。と、いう事なんだと思いますが、まだまだいけますジュリー。これならもう一度あの頃のジュリーに復活することも可能だと思いました。ポールさんも見習って同じようなコンサートやってほしい。

ジュリー、泣いてましたね。(ノд・。)

オフィス用品を翌日配達!

オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラブホテル

ディレカン製作の日活ロマンポルノ。撮影期間10日。もんたよしのりの「デザイア」が心に染みる。相米作品は音の使い方がとても細心なのだけど、歌の映画的な効果はそんじょそこらの才能の持ち主では太刀打ちできない。この人に日本のロックとフォークについての青春映画を残しておいて欲しかった。大人になった今、見たからこその感動なのかも。相米作品は麻薬だ。大傑作!

日替わりセール

読売新聞掲載!クロスウォーカーXmas

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/27

陰日向に咲く

原作は確か読んだような気がするんだけど。と、思いながら見ていたらホームレスと野球選手のエピソードのとこでやっぱり読んだ事を思い出した次第。物語はとてもいいのだけども、どうもその演出がイマイチな気がする。こういう映画はやっぱり故・市川準監督じゃないといけない。なんて事思いながら見てました。

キングソフトセキュリティ

グリコネットショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/26

ジョン・レノン ロスト・ウィークエンド

Lennonlarge 素顔のジョン・レノンに会った事がある人はけっこうこの日本にも大勢いて、あのジョン・レノンがいるはずのない空間で出会った人がほとんだったりして、本当にあれは本物のジョン・レノンだったんだろうか?と今でも思っている人はかなりの数いると思います。そういう話しが巷から聞こえて来ていたあの時代から5年さかのぼっての素のジョン・レノン満載のちょっと信じられないくらいパーソナルな内容。そのあまりにパーソナルなジョンの写真全てがとっても暖かい。真っ裸なスーパースター。ビートルズの解散が法的にも解散になる書類にサインするジョン・レノン。そのとっても寂しげな表情。「ヴィーナス&マース」のレコーディングに飛び入りして、世間どころかポール本人も驚かそうとしていたなんて・・・。「失われた週末」なんてとんでもない。この時期のジョンが永遠に続いていたら、とっくの昔にビートルズは復活して世界を飛び回って世界は平和になっていたかも。

ちっちゃなプリッツ<十勝あずき>

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/25

雪の断章-情熱-

DVDになってないんだぁ。じゃ、貴重じゃん!映画を見ている事の快感にどっぷりと浸れました。何度も言いますが相米映画がこんなにも素晴らしいものだったとは・・・生前まったく認識してませんでした。不覚と言いますか、恥です、恥。映画ファンとしての恥。斉藤 由貴の映画デヴュー作。これは彼女にとっていちばんの幸福であり財産。相米作品が生きていくうえでのつっかい棒になりつつあります。

ワコールウェブストアはコチラ

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラVSキングギドラ

おもしろかった。平成ゴジラも慣れれば楽しめます。大森一樹のスピルバーグ命が炸裂!スピルバーグ少佐も登場。演じるはダニエル・カール。上官はケント・ギルバート。他、外国人タレントが多数登場。「ターミネーター」「エイリアン」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ガンダム」などなどパロディー満載。ここはバカにせず笑ってやり過ごしましょう。ここがポイントです。真面目に受け止めたら楽しめません。ゴジラとキングギドラのバトルはなかなかの迫力。ゴジラがマイクタイソンに見えない事もない。これはリメイクしたらいいと思います。

リフォーム情報室

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/24

Ak 公開初日のガラガラの劇場内で「こんな夢をみた」のタイトルが出るたびにウトウトしていた記憶以後、TVで放送されるたびに見ては途中で断念し、DVDを借りて見ても最後まで見ることが出来ずにいたのに、昨晩のBSでは最初から最後まで見てしかもかなり感動してしまったのはなぜ?魅了されて唸らされてしまった。最晩年の淀川さんが黒澤作品ではいちばん「夢」が好き。と言っていたのが少しわかったような気がする。偉人にはボクらには見えないモノが見えているのかもしれない。全ショットに感動した。やっぱりこれは黒澤さんしか作りえない映画そのもの。最後の「水車のある村」はまさしくエコそのものを描いた黒澤さんからの遺言。映画の神さまが見ていた夢は哀しい地獄絵図も多かったという事か?核の恐怖が黒澤さんの背骨。

レタスクラブネット通販

ワイナリー和泉屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

飢餓海峡

Kiga 一年に365本映画を観ていた時代に名画座の「高倉健特集」で見て以来の再見。もう見事な名作・傑作と言うしかない。ボクの生涯トップ10にノミネート。日々、地味な警察物映画を観たいと思っていた欲求を満たされただけでなく、心の底から作品そのものに感動した。スタッフ・キャストは命を賭けて映画を創っている。まさしくこれこそが映画、しかも日本映画であることに仰天すると同時に誇りさえ感じる。こんな映画を創っていた時代もあったんだから、もちっとどうにかならんものかい日本映画界よ。(泣ければいい映画と思ってるのかい?)三國連太郎、左幸子、伴淳三郎、高倉健、藤田進などなど奇跡の演技人。当時、80歳(?)の監督・内田吐夢の若々しいこの映像センス。冨田勲の音楽も言葉を失うほど。大画面で観たい!クリント・イーストウッド監督でリメイクを熱望。

2008年@cosmeベストコスメ大賞発表

ゴルフダイジェスト・オンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/23

う~ん、やっぱりこれは名作ではあるな。こんな映画はちょっと創るのは無理。黒澤監督の才能の成せる業。しかし、映画的であるところも多々あるんだけども、これは演劇の舞台を現実の空間で表現したものを切り取った芸術であって、本来の映画ではないんじゃないのか。なんて事思いましたね、観てて。演劇です、まんま、演劇。山崎努リア王は物語の進行に沿ってドンドン脱いでいって最後には肉体までも脱ぎ捨ててしまうという解釈だったのだけど、黒澤・仲代リア王は最後まで服を着てました。「影武者」で山崎努が信玄と影武者を演じて、武田信廉を仲代が演じていればまた違ったように、山崎努演じるところの秀虎を観てみたかった。

サントリー健康食品

シマンテックストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラVSビオランテ

けっこうこの作品はおもしろかった!という意見が多くて、ボクもけっこうおもしろかったんだけども、なんて言うか相変わらずのヘンテコリンな内容で、監督は大森一樹なんでそれなりに期待しつつ見たんだけども、スピルバーグ的ショットもあったりするんだけど、全然そう見えなくて気持ちはわかるんだけど空回りがイタイ!と言うか。ラストのゴジラ再び登場のとこなんか「キャリー」か!?なんて事も思ったり。謎の外国人殺し屋はちとひどすぎ。でも、スポンサーであるところの日テレ系読売TV横での戦いなどあって大阪人にとってはけっこう楽しめる内容ではあります。関空なんかまだ影も形もないし。鈴木京香が出てたのにはちょっとビックリ。

侵入 検知

ショップチャンネル:ダイソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/22

ゴジラ 1984年度版

平成ゴジラのスタートです。公開時に撮影で使用されたゴジラ・ロボット、見に行きましたよ、塚口ダイエー前まで。写真も撮りました。さて、肝心の本編です。ダメダメです。なんざんしょ?な出来です。ウトウトしちゃいました。スーパーXはどう見てもボクには掃除機にしか見えません。デザインが最悪。ゴジラもね、なんかね、デザインがね。寄り目?脚本もあれかな?なんていうか素人というか誰書いたの?てくらいヒドイね、これ。出てる俳優はいい人多いんだけど、その演技がもう・・・なにこれ?のオンパレード。自主映画でももっといい出来になるんじゃないの?と、いうわけで平成ゴジラ鑑賞もいやはやなんともどうなることやら。

X'mas Present キャンペーン

Swatch e-store(PC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/21

NON STYLE おめでとう!

おもしろかった!「痛快!エヴリディ」で南光さんにイジラレまくっていた時から応援してました。東京でのZEROからの出発。実った努力に乾杯!M-1グランプリ本当にうれしい!

いま『デントレックス』を買うとプレゼントが当たる!

姫系部屋作り特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

影武者

昨晩、NHK-BSでやっていたので何気なく観ていたのだけど、おもしろいとかおもしろくないとかよく出来ているだとかよりも、その独特のテンポにとても落着かなかった。これは映画のテンポではないね。編集したら60分~90分の作品になるんじゃないのか?それと音楽。公開当時から感じていることなのだけど、音楽が耐えられない。ひどいというレベルではない。そう思う。イロイロな大人の事情があったにしてもなぜ?なのかほんとに疑問。途中から音を消して見てたほど。素材としては出色の映像だと思うが映画としてはどうなのだろうね。個人的に私的「影武者」を創ってみるか。

キャンペーン・新製品・限定品情報

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/20

クレイジーキャッツ HONDARA盤

仕事のないやつは俺のとこに来い!俺もないけどどうにかなるさ。人生うまくいかない時は寝てやり過ごしましょう。そのうちどうにかなるだろう!精神で明るく生きましょう。こんなご時世だからこそTVでドンドン!クレイジーキャッツやればいいのに。と、思います。

プライムショッピングで通販

ブックオフオンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/19

HINOKIO

いや~いい映画でした。公開当時の予告編を観て自分の感覚に近いものを感じていましたが、そのカンは当っていました。公開から3年経った今観てみるとある意味日本版「アウトサイダー」でもありますね、これ。どうやって撮ったんだろう?と思うシーンも多くてなかなかに捨てがたい作品だと思いますよ、ボクは。

猫缶まとめてお得にお買物!

ペットファースト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/18

大阪 地名の由来を歩く

地名には土地の歴史・情報が隠されている。不動産を購入する前にはそのヘンの研究を怠り無く。と、言うわけで今日から読み始め。

サントリー健康食品オンラインショップ

ゴルフダイジェスト・オンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Electric Arguments

Paul McCartney生涯最高傑作!何のプランニングも立てず、13日で13曲をレコーディング。The Fireman名義でのリリースは天才であるがゆえの余裕なのか?ここで全曲フル視聴可。唖然とするほど素晴らしい!Paul McCartneyのほんとうの実力をボクらはまだ知らないのかもしれない。と、思わせるほど。不幸の後のPaulはスゴイぞ!伝説は生きてました。

iTunes Store

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/17

ションベン・ライダー

「タフ」「KAMIKAZE TAXI」「タンポポ」が映像の奥に見えた。夢を観ているような気分。だからちょっとヘンだし、ワンショット・ワンシーン。レナード・シュレーダーの原案とはどの程度の原案だったんだろうか?ではなく 、で終わるラスト。「連合赤軍」序章とでも副題を付けたくなる。

【キャンペーン中】胡蝶の夢・森伊蔵がアタル!?

総合雑誌定期購読サイト「マグデリ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/16

傷だらけの栄光

NHK・BSのポール・ニューマン追悼放送はボク的にはちと残念なラインナップだったんだけど、本作品を観れただけでもよかった。国内ではDVDは未発売だったんだねぇ。とにかく画質がモノスゴクいい。なんでこの時代のハリウッド映画というのは高画質なのだろう?保存がいいんだろうね。黒澤映画とは雲泥の差。ジェームス・ディーンの企画がポール・ニューマンに廻ってきて製作された映画。挫折と再生の物語。ボクの生涯ベスト10ノミネート作品。タマラナク・・・素晴らしい!主人公・ロッキーが妹の友達ノーマを深夜ブルックリンまで送ってゆくくだりはどこかで観たような気がしながら観てましたが、むかしむかしTVの洋画劇場で観た記憶があるんでその時のおもいでなんだろうと思ってましたが、「さらば映画の友よ」でダンさんがシューマの住んでいる沼津までついてくるシーンで引用されてたんですね。あそこは「傷だらけの栄光」に捧げられていたんだ、ビッグマン!作品が類いまれなる傑作であるだけに、ポール・ニューマンの若々しく見事な演技が胸に迫って痛いくらい。

スウォッチ最新情報

THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「阪急電車」 読了

マイリマシタm(_ _)m。今年読んだ本でいちばんよかった。ベスト1に決まり!有川さん、やはり今津線沿いにお住まいでしたか。「図書館戦争」は、箕面にある個人経営の書店や江坂の図書館をイメージしながら読んでいました。近いものあったんですね。映像化に期待しつつ、続編(阪急電車の他線編)を希望します。

ピーリンググッズが驚きの品揃え!

台数限定特価の通販オリジナルスピーカーS-EU8TB

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/15

メカゴジラの逆襲

G13 おっぱい見えてんじゃん!?と、オドロキのカットもありの昭和ゴジラ最終作。伊福部・本多コンビ復活で最後を飾ります。が、しかし、前作のおもしろさには及ばぬ仕上がり。妙なヒューマニズムもありでやっぱ重いですね、これは。最後だからの伊福部・本多コンビというのもわかりますが、ここは福田純ゴジラでよかったんじゃないでしょうかの残念ないっぽん。と、言うわけで昭和ゴジラ全作品見終えました。いや~しんどかった。やれやれというのが正直な心境です。でも、ほんとにいい再体験でした。あの頃の懐かしい気持ちが蘇ってきました。平和で安全だった日本。しばらく間を置いての平成ゴジラを観たいと思っております。

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

植木等的音楽

こうなりゃ みんなで はりきろう

楽しく 生きよう この人生

パーッと 歌えば 花も咲く note

植木さん あなたが必要です (ノд・。)

1日3粒気軽に摂れるサプリメント

αGヘスペリジン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラ対メカゴジラ

G12 おもしろい!そのおもしろさはシリーズ最高かも。福田純ゴジラ汚名挽回の傑作。思ったんでしょね、やっぱりこれじゃいかんと。音楽が佐藤勝先生ですから、「用心棒」「椿三十郎」サウンドがゴジラバトルで炸裂!「トランスフォーマー」観て、これどっかで観たことあるショットだなぁ・・・と、思ったのはメカゴジラの秘密基地内での立ちショットだったんですねぇ。インディーと007もありますから。ちゃんとハリソン・フォードもいますし。ハリウッドはこれをリメイクしないと。映画ファンなら必見。

半身浴用風呂椅子

全国の名産・特産お取り寄せ 47CLUB

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/14

西宮北口駅まで読みました。

素晴らしい、ほんとに素晴らしい!学生時代には、宝塚南口駅にある宝塚ホテルでバイト、門戸厄神駅ではビデオ屋でバイト、社会人になってからは西宮北口駅に得意先があったりの、隅から隅まで詳細に理解できる我が庭の物語。西北の隣の駅、武庫之荘駅には実家があるし。さて、物語は折り返しで宝塚へ出発です。

チューリッヒの自動車保険

ダイエー ネットショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エデンより彼方に

この映画はどこを目指して進んでいるんだろう?と、思いつつ観ているとドンドン暗黒の闇の中に突進していき、最後にはそこがどこだかわからないまま立ちすくむ。そんな感じ。ストーリの語り口と映像の創り方がヘタ。クリント・イーストウッド監督が扱いそうなテーマだけに惜しまれる。彼ならば傑作になっていたんじゃないでしょうか。でも、ジュリアン・ムーアと心を通わせた錯覚を味わえます。

8大特典!年末大感謝キャンペーン

セシール - お茶石けん特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラ対メガロ

G11 これは「ゴジラ」ではありませんね、「ジェットジャガー」とタイトルを変えましょう!ボクもゴジラ・シリーズ、ワースト1だと思います。さすがに福田純「ゴジラ」です、ファーストシーンで笑わしてくれます。どうなんでしょう?これ完成した時、関係者一同、試写室で何を思ったんでしょうか?この後、まだ2作品もあるわけですよ、昭和ゴジラ。もう勘弁して!(ρ_;)

おうちの片付け大作戦

セシール - ベストヒット!あったかウェア特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラビ・バトラの大予言

金融市場は崩壊し、資本主義の時代は終わりを告げる。ラビ・バトラの本を読んだことがあるひとならば今の市場の流れになんの驚きも感じないと思います。主張どおりに世界経済が流れている。その先にあるもの?

I ONLINE 2009 お年玉袋

大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

麻生総理辞任!

辞任のウワサあり。新しい総理は小泉さんになり解散選挙で圧勝。自民党・公明党連立政権が続いたところで総理交代。国民不在が続いて日本沈没。合掌。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

年末年始の人気スイーツ

日比谷花壇 フラワーギフト クリスマス特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/13

逆瀬川駅まで読みました。

「阪急電車」逆瀬川駅まで読みました。西北行きです。やられました。お見事です。唸ってます。小説読みの快感に浸ってます。これはぜひとも映像化しないと。頼みますよ、関テレさん!ヽ(´▽`)/

クリスマス特集【日比谷花壇】

東急ハンズのネット通販「ハンズネット」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旅情

究極の大人映画。この映画のよさはお子ちゃまにはわかりません。心情と色の関係を研究。何回も見てきた映画なのだけども、初めてわかった!デヴィッド・リーンの全作品を映画館で観たい。

おせち

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

地下鉄のザジ

そのむかしTVの深夜放送で見てそのヘンテコリンさにすっかり魅了されてからずっとボクのお気に入りのいっぽん。「マジカル・ミステリー・ツアー」よりもこっちの方が早いから、もしかするとポールはこれを見て企画を思いついたのかも?

お歳暮・冬のギフト

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/12

阪急電車

本日から読み始め。関西の人はともかく地方の人はどういう感じなんだろう?映像になったもの見てみたいなぁ。読後の感想はまた後日。

クリスマス特集【トイザらス】

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/11

激突!

Duel 最初に「激突」を見たのは「日曜洋画劇場」だと思いますが、今回改めて見てその緻密な画面構成と物語の流れに舌を巻いてしまいました。スピルバーグという人は先天的に何をどう写したら見ている人はどういう影響を受けるのかが先天的にわかっている人なんじゃないのかと思います。スゴイですね、画面の使い方が、それにとても細心。本作品以後のスピルバーグが全部入っていました。蛇も登場してますし。音楽にバリ島の「ジェゴク」の影響を感じたんですが、どないだ?

パソコン買取ならJoshin

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/10

舞妓Haaaan!!!

Haaaan TVで放送された時にチラと見てなんだか下品な映画だなぁ。と、思って見なかったのを今回何気なく見始めたらおもしろくて最後まで。この心境の変化はどこから?。こういうお話しだったのねぇ。一瞬たりともダレナクテ最後まで楽しめました。満席の映画館で観れたらよりいっそう楽しめたんだろうねぇ。やっぱりクドカンは天才だ。

クリスマス特集【トイザらス】

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/09

ホットロック

ボクの小学生時代のおもいでのいっぽん。DVDは未発売みたい。BSで録画したのをやっと見れた。ラストが最高にいかしてる。淀川さんも絶賛してた。脚本がウィリアム・ゴールドマン。これだけで品質保証なり。背筋も伸びる。小説「マラソン・マン」は脚本家志望者は必読。

お歳暮・冬のギフト

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/08

TORA!TORA!TORA!

真珠湾攻撃の今日、12月8日。コレクターズ・ボックス到着しました。3大復刻特典がなかなかに素敵です。黒澤監督のセット下見ショットもあります。これはやっぱ買ってよかったな、うん。

宅配ピザのドミノ・ピザ

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ナビィの恋

西田尚美という人はとっても不思議な人だと思うんですね、ボクは。唯一の人という感じ。この映画も唯一の映画て感じですね。島のことが生理的にわかった人じゃないと創れないと思いますね。おじいとおばあの別れのシーンは胸をうつものありますね。「マディソン郡の橋」に通じるものあります。いい映画でした。

 

じゃらん

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/07

自虐の詩

Jigyaku1 堤幸彦監督作品はもともと好きではないので冒頭で繰り返される「ちゃぶ台ひっくり返し」にうんざりしてきて何度も見るの止めようとしてんけど、回想シーンから始まる後半の展開と、エンケン演じるところのあさひ屋マスターのキャラに魅了されて見ていると、熊本さんにも魅了されてきて、西田さんが出てくるところからハマッテしまってとうとう最後まで見てしまった。けっこういいねぇ、この作品。やっぱ大阪は画になるとこいっぱいあるわ。

カラフルなモップ

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

Gg9 ちょっと疲れてきました、昭和ゴジラ見るの。冒頭、いきなりの漫画原稿でギョギョ!さすがの福田純ゴジラです。今回、ゴジラはラドンとお話しします。吹き出しです、吹き出し。漫画の吹き出しです、そう、あれです。確かにここで笑った記憶があります。もう完全にゴジラはお子ちゃま路線爆走です。敵はゴキブリですから、ゴキブリ、ゴキブリ星人。対決シーンのほとんどは今までの作品の対決シーン映像流用ですから、流用。ブルース・リー映画じゃないんですから。昭和ゴジラは残り3作品。やれやれどないなるんやら。「影武者」ロケで会った助監督の岡田さん、この映画の助監督もやってるんでびっくり!しちゃったなぁ、もう。

シニアのための生活雑貨

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/06

しゃべれども しゃべれども

Speak 冒頭からしばらく観てて、「コリャダメダ!」と観るの止めようと思いつつも見続けていると調子が出てきてけっきょく終わってみれば「いい映画を観た幸せな気分」になれました。原作は読んだことないのだけども、もちっとペースをぼんやりさせて細心に描けていれば傑作になってたかも。ラストの国分太一の落語は素晴らしい!うまい!ほんとにうまい!かなり勉強したんだろうなぁ。と、思わせるできばえ。全編を観たいくらい。だから脚本も含めてもっと細心に創って欲しかった。森永悠希の落語も天才的におもしろい!まるで枝雀さんが憑依してんじゃなかろうか?と思わせるくらい笑える。湯河の個性的な解説シーンを観たかったのにないのはなぜ?いるだろう絶対!他にもイロイロと思うところのある脚本なのだけど、いい映画であることには間違いない。TVでもいいからシリーズ化してほしい。

swatch 公式サイト

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴジラ対ヘドラ

G8 アバンギャルド!よくこの内容でお子様向け映画祭りで公開できたものです、東宝さん。いやはやなんとも。公開当時劇場で観て覚えてますからね、あのヘドラが階段のとこ流れてくるところ。ハッキリ!覚えてます。それくらい子供心にも衝撃的な内容だったのかも。万博で見た太陽の塔の内部と同じ衝撃波、無意識を直撃。ヘンテコリンな脚本だけどもスゴイね。カルト・ゴジラです。

お申し込みはこちら

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/05

セーラー服と機関銃 完璧版

公開当時に見たのは短縮版だったんですね、知らなかった。和田誠の監督日記を読むと、角川春樹という人は作品の尺には厳密な人だったみたいで、この作品もそういうところでカットされたヴァージョンが公開されていた。てとこなんでしょうね。再見してて「もしかするともしかしてそういう事だったんじゃないのか?」と思ってしまったんですが、相米慎二監督と言う人は、ゴジの代わりに映画を撮り続けた唯一の映画監督だったんじゃなかったんだろうかと。そう思ったわけです。「セーラー服と機関銃」はとっても変な映画なんですね、見れば見るほど。とても奇妙。ほんとにまるでゴジの書いた脚本でゴジの演出した映画のようにしか途中から見えなくなってきたんですね。これはほんとにゴジ的映画なんだと。そういう意味合いで相米慎二監督作品の数々を眺めてみると、ますますそう思えてきたんですね。逆に「青春の殺人者」「太陽を盗んだ男」は相米慎二監督作品として見えない事もないように思えてきました。ゴジが映画を撮れないので相米さんがゴジの代わりにゴジが撮ったらどうなるのか?的視点で映画を撮っていたんじゃないのだろうかと。ですから、相米さんが亡くなった時にゴジも終わってしまっていたんですね。あの時にゴジも終わった。ボクはそう確信しました。相米慎二監督作品という視点で「青春の殺人者」「太陽を盗んだ男」を見直してみたいと今、おもってます。ヘヴィーとはなんぞや?がわかってきたような気がしてます。

還付金を返金!

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/04

翔んだカップル オリジナル版

う~ん、なんていうか。小学校だとか中学生時代に妙に身近にいてイロイロと世話をやいてくれてやさしい女の子がいるんだけど、その子の事は空気みたいに感じているんで存在感がなくて、自分は他の女の子の事が気になって仕方なかったんだけど、それから30年くらい経ってみて初めてイロイロと世話をやいてくれたやさしかった女の子の事が理解出来て自分の事をいちばんわかってくれていたのはあの子だったという事がわかったんだけど、その子はもうすでに亡くなっていて呆然としてしまっている自分がいる。て、感じだったですね。劇場で見た時は全然わかってなかった!この作品と相米慎二。衝撃を受けてます。

キャビンアテンダント開発商品

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/03

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

G8 ボクのリアルなゴジラ体験のいちばん古い記憶の中にあるのが、この映画の1シーン。少年が自作のコンピュターに話しかけている場面。見終わって「なんだこりゃ?」と思ったのも覚えている。再見した感想も「なんだこりゃ?」と同じだった。まぁ、ほんとになんちゅうかほんちゅうか?前作でホッ!としたのもつかのまの落胆ていうやつですか。でもね、妙に捨てがたいだな、この作品。

クリスマス特集

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怪獣総進撃

G7 本多猪四郎監督、音楽・伊福部昭復活なのでオリジナル・ゴジラが戻っていておもしろかった。前2作品のオチャラケがなくなってホッ!。怪獣で忠臣蔵をやろうとした企画なので怪獣がいっぱい出演するのもいい感じ。けっこういいと思うよ。


GyaO 光

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日中の興亡 読了

とても読みやすくてわかりやすい。いちばん読んで欲しい人は麻生さん。でも、読めるかな?中国マネー・ヒラリーの入閣に不安感ひしひし(;´Д`A ```。アメリカは中国と手を結ぶのか?置いてきぼりで滅んでゆく日本。拉致問題が解決しないのもボクらの無関心がいちばんの原因。

THE DOGカレンダー2009年版!選べる50種類

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/02

間宮兄弟

Mamiya 最近どういうわけか森田芳光作品ばっかり見てるわけなんですが、これ今年見た映画でいちばんよかったかも。ボクの今の気持ちにいちばんぴったり!ひっさしぶりにこころやさしい映画を見た感じでいっぱい。間宮兄弟の生活はまるでボクの生活そのまま。気持ちもよっくわかる。大島ミチルの音楽も今回はよかった。俳優人もキャスティングも含めていい感じ。森田演出は巨匠の風格を漂わせるも最後はやっぱり照れのオチ。いい映画にはおいしい音がする食事シーンが必ずあるものなのですね。オープニング・シークェンスには息を呑むほど感動しました。なかなかあれは撮れませんよ。全部があそこで表現されてんですね、映画そのものが。ほんとにあそこは見事です。

ピンクリボン活動

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怪獣島の決戦 ゴジラの息子

G6 いや~なんちゅうかほんちゅうか(古い?)。福田純版「ゴジラ」はもう笑って楽しきゃいいんじゃないでしょうか?もうあれです、ドリフだとか吉本だとかあのノリです。演芸「ゴジラ」です。ぼんやりお酒でも飲みながらみんなでワイワイ見ましょう。年末年始にぴったりな1本。ゴジラてオス?メス?これは確実に公開当時、劇場で見た記憶ありますから、そういう意味でとっても懐かしかったなぁ。

2008フジカラー年賀状

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/12/01

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

G5 ビートルズが来日した1966年の作品。ゴジラがエレキサウンドでゴー!ゴー!を踊り、「ぼくかぁ、幸せだなぁ」と若大将の真似も披露。小美人はザ・ピーナッツから別の双子に交代。エビラは串刺しで人間をパクリ。まったく南国に見えない寒々しい島で展開する、まるでドリフ・コントのような物語。なんだこりゃ!?のトンデモ珍作怪作。モスラ寝すぎです。とっとと起きて救出に行きましょう。

歩歩楽ウォーカー

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家族ゲーム

そういえばこの映画を見てからしばらく一気飲みしてましたボク。現場で伊丹さんと優作はどういう会話を交わしたのだろう?オウムを予感させるラストまで魔法のような映画時間。十分にヘヴィーな内容でいて軽やか、しかも破壊的。だから何度も言うけど「椿三十郎」森田節でやったらよかったんだよ。

新しいiPod classic

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »