« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

トランスフォーマー

Tr 日本語吹替え版を見たかったので購入。いやほんと、この映画は少年の日に思い浮かべた夢の実現だね、まさに。何度見ても興奮しちゃう。青春映画としても傑作だと思うぞ。「トランスフォーマー リベンジ」!早く観たい!


レゴ特集【トイザらス】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/27

プリティ・プリンセス

Ah もうこれはとにかく「アン・ハサウェイ」!ハサウェイ好きにはタマラナイ一本。コスプレ・ハサウェイが自由活発に動き回る。手綱を締めるのはジュリー・アンドリュース。古き良きハリウッド映画の伝統を引き継いでのディズニー映画。家族向けだとバカにしてはなりません。途中で見るのを止めた「プラダを着た悪魔」見直さなくっちゃ。

グルメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/26

ラブ★コン

偶然、アニメチャンネルで見て、大阪弁バリバリ小ネタ背景だとかイキイキ!したキャラクターだとかほんまにおもろい!物語の舞台は堺?一度でも大阪ウロウロした人ならば余計に楽しめるに違いない。こういうご当地青春胸キュン物語いいねぇ。

お菓子のマジック

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/25

アズマニア 1

送料調整で購入。う~んこりゃー、なんちゅうか、けっこうスゴイもんあるなぁ。「ドグラマグラ」読んだ時と同じ気持ち。読むと脳が痛くなる、そんな感じ。でも、吾妻ひでお描くところの女の子はとても可愛いのでクセになる。よってたぶんまた別作品も買う事になるでしょう。フランスかイギリスで映画化したらいい作品になりそう。

ワコールウェブストアはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/24

チェンジリング

たぶんおそらく予告編やTVスポットを見て「泣ける感動作」だと思って、劇場に足を運んだ人は肝を潰す事になると思います。不安と絶望の真っ只中へ突き落とされ容赦なく地獄の底を覗かされる。全編メタファーで語られる現在進行形の物語。イーストウッド監督からのメッセージはしっかりと受け取った!2009年度最高傑作と断言。

80's ポップス

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/23

おくりびと ホームラン!

「チェンジリング」チケット売り切れで観れなかった!(つд⊂)エーン。ヒットしてんのか?えっ。「おくりびと」観れない人が流れてんのか?と、思ってたらアカデミー外国語映画賞受賞。今朝、TVのインタビュー見たんだけど、誰?あの人、監督の奥さん?なんか貞子みたいな女の人、髪の長い女の人、黒ずくめの人、て、余貴美子さんかよ!Σ( ̄ロ ̄lll) レッドカーペットでもメディアに無視されてんぞ。(u_u。)。イ-ストウッドは無冠?

ホワイトデーのギフトもザ・ボディショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/22

動乱

健さんは「太陽を盗んだ男」山下警部役へのオファーに対して「犯人役じゃダメなんですかね?」と答えたらしいが、もしも×3健さんが城戸誠を演じ、ジュリーが山下警部を演じていれば「太陽を盗んだ男」も大ヒットしただろうし、ゴジも大ヒット監督として、その後何本も映画を撮って日本映画界も今とは違った形になっていたかも?と夢想させる大作。この時の健さんのカンは正しかったとボクは思ってます。高倉健の持っている狂気の部分を「太陽を盗んだ男」で観たかった。と、思わせる本作品。色んなものを詰め込みすぎて混乱整理不足。「226」を見た後に見たらより詳しく理解できる。ボクは「226」の方が好き。

ドミノ・ピザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/21

おそろし 三島屋変調百物語事始

うん、おもしろい。第一話「曼珠沙華」で舞台状況説明、第二話から百物語の始まり。語り口はやわらかだけど、中味は激辛シリアスなり。ヘビィーΣ( ̄ロ ̄lll)

【ジャパネットたかた】毎日替わる日替りセール!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/20

恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第

「時効警察」第6話。いつもよりコメディー色は少なめでそういう意味でのおもしろさはちょっとなかったんだけど、物語としてはなかなかに考えられていた。いつものあれ「誰にも言いませんよ」カードは今回はなしかよ?と、思わせといてのオチはよかった。時効になるまえに捕まえろよ!警察。と、ボクもそう思います。

宅配ピザのドミノ・ピザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/19

おそろし 三島屋変調百物語事始

本日から読書開始。しばらくは頭の中江戸になりましょうか。

ノートのまとめ買い

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/18

日本の熱い日々 謀殺・下山事件

Sym 名画座で観たときに衝撃を受けて、ボクの中ではおもしろかった映画として記憶されている一本。再見してみるとそのおもしろさは変わりないのだけども、俳優座製作映画であるのが理由なのか、俳優人の演技がまるで舞台上で行われているみたいで、見ていると息苦しくなってくる。ちょっと映画的でない。また、仲代演じるところの 矢代の職業的身分が変化していくのだけども、途中から刑事なのか新聞記者なのか見ているとわからなくなってくる。仲代自身も混乱しているんじゃないのだろうか?とは言ってもそのおもしろさには変わりはない。熊井啓監督の黒澤映画へのリスペクトシーンが随所にある。年に一本、新作の日本映画でこういう作品を観たい。

ホワイトデー

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009/02/17

アフリカの女王

Aq クリント・イーストウッド監督作品「ホワイトハンター ブラックハート 」を見た後で、本作品を鑑賞しましょう。「アフリカの女王」が数倍楽しめます。キャメラの後ろに佇む、イーストウッド演じるところのジョン・ヒューストン監督の存在を感じる事が出来るでしょう。シリアスな状況をコミカルに描いたクラシックの名作ですから品質は保証。

やど上手ビジネス編

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/16

本物の作家

「壁」と「卵」 ボクはいつも卵の側に立つ。 by 村上春樹  本当にこのスピーチには感動しました。本物の作家。その言葉、重いよ、重い。酒飲んでグラグラふらふら意識中断( ゚д゚)ポカーンおっさん醜態世界配信の不愉快さがぶっ飛びました。言葉は世界を救えるか?


黒川温泉・湯布院への旅

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/15

気になるあの人。

最近、突然またStevie Wonderが気になり始めまして、再体験してます。数年前にボクの知人がこれとまったく同じ症状になりまして、Stevie Wonder聴きまくりCD買いまくり状態になったのを目にしてましたが、まさか自分がそうなるとは思ってもいませんでした。音楽の神が降りてきたのか?

コリや痛みをじんわり癒す

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/14

アメリカン・アイドル

いや~・・・最高におもろい!評判がいい番組であることは知っていたのですが、アメリカ版「スター誕生」くらいにしか思ってなくて無視してたんですが、ほんとに何気なく見たら、もうとんでもなく面白くて完全にハマッテしまいました。どんだけ「痛い人!」が出てくんのかと!この「痛い人たち」がこの番組のいちばんの見どころだったんですね。これほんとに台本だとか仕込みだとかないのかなぁ?そこんとこちょっと疑問ちゃ~疑問なんだけど。シーズン5から日本での放送開始で、今はシーズン8。シーズン最初から見てみたい。ポール・マッカートニーがゲスト審査員を何度もオファーされているにも関わらず、OKしないのも納得!あんだけ「痛い人」だらけだったらちょっと怖いよね、マジに。シーズン8の審査員のキャスティングも最高!このおもしろさは見てみないとね。大スイセンなんです。

HMVトップページ

MoMAstore

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/13

226

公開当時、どういう評価でどのくらいヒットしたのか記憶がないのですが、大変な力作。どんだけ気合入っとんじゃい!?最近こんだけの気迫を画面から感じる映画はちょっとないぞの大傑作。五社英雄監督作品を見直したいくらい。その映画センスが素晴らしい。撮影・美術・演技人その他モロモロ本物の映画人の仕事を堪能。こういう映画はどこに行った?

アイドル&スター

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/12

サンダカン八番娼館 望郷

作品そのものはどっちかというとTVのスペシャルドラマ風な出来というとこもないではないのだけども、若き日のおサキさんを演じる高橋洋子と晩年のおサキさんを演じる田中絹代がとにかく本作品の背骨。特に今さらながらの田中絹代の圧倒的な女優魂。光り輝いていて眩しいほど。これだけでも見る価値あり。語られるテーマはじっくりと染み込んでくる。

Super100 Series ヒアルロン酸源液

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/11

ひかりごけ

このまま温暖化が進むとここで描かれた事もなくなると思ったら、現実はもっとシビアで食糧危機が現実化するとリアルな問題になってくる予感。故・相米慎二監督は、原作者・武田泰淳の「富士」の映画化を企画していたようだけど、武田泰淳についてもっとイロイロと勉強したい気分。裁判のシーンでの笠智衆はまるで閻魔大王。この裁判劇がとにかく素晴らしい。かなりショッキングな内容だけども、必見の名作。

ボディバターのお得な2サイズセット

TSUTAYA online

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/10

海と毒薬

ベルリン国際映画祭で上映された時に日本人として一緒に映画を観ていたら、どうだっただろうね?ひんやりした気分で落着いて観ていられなかったんじゃないかな。最初からグサッ!と後半部分から始まったら全然別な映画になっていたと思われて惜しい!何が「海」で「毒」とは何を意味するのか?こういう風に考えさせられる映画はむかしはあったんだけど、どこに行ったのかしらん。

オフィス・デポ 春の新商品

オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/09

クィーン

Queen メタファー。バランスを微妙に取りつつ、メタファーに託して言いたいことを言う。その映画手腕に参った。あえて上映時間も短くコンパクトにまとめたのも意図的。見せなくても見えるし、メッセージは的確に伝わる。プロの仕事。ちなみにボクがダイアナ妃の訃報を知ったのは、大混乱のグアム空港。あれからもう何年?

出産・育児に役立つ 「たまひよSHOP」

じゃらんnet

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/08

日本の黒い夏 冤罪

Nkn 黒澤明監督脚本の「海は見ていた」の監督がなぜ熊井啓監督になったのか?が見ていてなんだかわかったような気がしました。どちらも正義の人。作品の完成度はともかくこういう映画はいつの時代にも必要です。果たして今、正義の映画監督はこの国に存在しているんでしょうか?高校生カップルの会話などもっともっとおもしろくなる要素がいっぱいあるのに惜しい!

ジャパネットたかた:値下げ情報

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

時空刑事1973 ライフ・オン・マース

Lom おもしろかった!画面全体がボク好み!いったいどういうオチで物語は終わりを迎えるのであろうか?で、こう落としたか!の最終回。アメリカ産のTVドラマではこういうオチにはならなかったでしょう。未見の方々のためにオチは書きませんが、オチそのものもボク好みのテイストでした。やっぱりボクはUK好きなんですね。

大人の特集』

Sony Music Shop

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

用心棒

Yjb 昨晩、再放送リクエスト第1位「七人の侍」も無事終了したわけですが、結局のところ、全作品をもう一度放送するという事のNHKなのですが、権利関係もこれでおしまいというわけで次回はCSでの放送になるのかしらん。という事で「七人の侍」の感想はまた後日。その前に「用心棒」を。う~ん、やっぱり唸りました、見事さに。こうなるともはや芸術品。今回はその映像とセットの見事さにウタレマシタ。そこんとこを中心に鑑賞。どのショットが宮川さんでこの動いてるのが斉藤さんの撮った画に違いないとか、確かに宿場の屋根の真下は雨で抉れているだとか。白黒映画というけれども、白から黒に至るまでの微妙な色が全て出ているだとか、グレーの色感がほんとうに味わい深い。白黒映画というよりもむしろグレー映画。あのグレーの色はなかなか簡単には出ないのではないのか?オープニングのワンショット・ワンシーンのところはどうやって撮影してるんだろう?クレーンでの移動撮影?「雨月物語」の池のシーンの野外応用編じゃないかな。三十郎が宿場に入って来るところの後ろからのショットで、三十郎越しに見える奥の家屋の屋根にピントが合っていないのはちょっと意外だった。あそこは地面に穴掘ってそこにキャメラが入っているに違いない。と、思うのだけど、あそこはちょっと逆光気味なのでああいう風になってしまったのかな?ちょっとなんというか歪みみたいな感じで見ててクラッ!としたんだけど。それも意図されたものなのかな。そこに手首を咥えた犬が手前に走ってくるんだけど、確かに最後までちゃんとピントが合っていた。手動でピントを合わしているというのがスゴイね、ほんとに。まぁ、全てが今さらなのだけど、本物の映画というものは時代を越えてそこにある情報量は厖大なわけでして、ここ初めてわかった!みたいなところもあって深いですね、深い。何度でも鑑賞に耐えられる。

最高の映画を最高の座席で!「U-ONLINE」

Lifestyle システムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/07

日本列島

伊丹十三監督が本当に創りたかった映画スタイルというのはこういう映画だったんだろうなぁ。と、見ながらぼんやりと思ってました。今の時代こういう映画を創れる映画監督の存在がどれだけ貴重なものなのか。失ってしまってから気づいてももう遅い。それにしてもこの高画質はどうよ?黒澤映画もこれくらいの高画質で見せてくれ。これはネガそのものの保存状態の違いなのか?どうなんだ?東宝のクラシック諸作品のモロモロは見てられないぞ。日活作品の諸作品モロモロとは大違い。日本映画のクラシックを映画館で観たい。( ^ω^ )

猫の日(2月22日)記念特別セール!

コメリの新生活特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/06

LOFT

まぁ、なんだかなぁ、黒沢清監督は好きな監督なんだけど、これはなんだかなぁ。なんか阿藤快みたいな口調になっちゃうだけど、ほんまになんだかなぁ。中谷美紀が時々、仲間由紀恵に見えちゃうのはボクだけ?こんなん創っておもろい?もういいかげん「キャリー」オチやめようよね、ほんとに。

まずは1週間、うるおいを実感しませんか?

TBS ishop

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/05

花とアリス

Haa 蒼井優という人はどのCFに出ても同じ顔、同じ声なのでみんな同じCFに見えてしまって、どっちかというと没個性的女優さんだとボクは思っていたわけですが、この映画の彼女はとってもよくてやっぱり映画というものは、演出者で役者が光ったりくすんだりしちゃうんだな。と、いう事がよ~くわかりました。鈴木杏も郭智博も相田翔子も、雨さえも輝いている。素敵な映画。

一足早い桜をお届け【日比谷花壇】

THE BODY SHOP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/04

刺青一代

DVD未発売。ありがとう、チャンネルNECO。いったいぜんたい、鈴木清順監督の頭の中はどうなっっているんだろう?それをテーマに研究映画を作りたいくらい。画で語るクライマックスが素晴らしい。「キルビル」参考にしてる?こんな質の高いプログラム・ピクチャー2本立て観れる時代を過ごした映画ファンが羨ましいぞ。(人><。)

メーカー在庫品・緊急処分セール

日比谷花壇 フラワーギフト ひなまつり特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/03

天国と地獄

もう何回も見ているんだけど、昨晩のリクエスト第5位を見始めたらとうとう最後まで見ちゃった。もうほんとにどこにも欠点がないというか一瞬のダレもないね。完璧。特に今回は丈太郎さんから頂いたDVDだとかモロモロの黒澤特番を見た後での本編だから見る視点が違うと言いますか。なるほどなるほどバカシ。ABCキャメラで撮影しているという事は編集で残ったシーン以外の映像もあるわけで、そのABCキャメラが今いったいどういう映像を撮ってるんだろうか?なんて事考えながら見てました。それと権藤家から見える下界。そこを確かに、車のヘッドライトが行進している。今までにもそれはわかっていたんだけど、あれが仕込だったとはね・・・!ちょっとそこまでは思いつかないよね、普通。画面の隅々まで責任を持って創る。と、いう事なんだろけど、スゴイね、ほんとうに。特急「こだま」の壁だとか色んなところに映っている外の景色もちゃんと流れてるもんね。合成だとああはいかない。夜の街もオープンセットでしかも、冬の撮影なんて・・・。当時は羽田発大阪行きの飛行機てのは、夜の10時発てのがあったんだね。今は伊丹空港は夜9時がデッドラインになってる。山崎さんの手やけど演技はいつ見ても凄いわ。て、言うかそういう事わかってみると空気暑そうにも見えるな、確かに。三船さんのスーツの下は汗だらけなんだろうな。なんていうか昔の方が自由で暮らしやすいように思えるな。まぁ、どっちにしても地獄サイドの生活者なんだけど。天国も地獄もそこで生きる人の心ひとつ。そこがポイント。「野良犬」同じく、黒澤映画のテーマはこれですね、基本は。で、今晩は「生きる」ですか。終わったら「Dr.House」見ないと。ψ(`∇´)ψ

有機農業を応援します

ペットファースト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/02

失踪・逃亡日記

ボクの住んでいる町の図書館は最近、漫画も借りれるようになったんで本作品も図書館で借りる事が出来ました。出版された時に購入希望したら「漫画はダメ!」と言われちゃったのにね。よかったよかった。ボクにとって吾妻ひでおは身近な存在の人でした。ですから、内容を知った時は、この物語に登場するオタ刑事と一緒で「吾妻先生ともあろう人がどうして!?」と驚愕しつつも「やはり天才と○○○○は紙一重」なんだなと妙に納得したりの複雑な心境。でもね、心根のやさしい人てのは今の世の中生きていくのはけっこうキツイ事なんじゃないのかな。やさしいからこそおかしくなってしまうと思うんだよなぁ。晩年の黒澤監督は「ひきこもりになるのも当たり前の世の中。ボクもそうなると思う」と言っていたらしいから。どういう心境・状況になっても生きていればいいのさ、好きなように。と、元気でますから、読んだら。

パリ

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/02/01

20世紀少年 もう一つの第1章

「20世紀少年」の一本目をTVでやるのか。と、楽しみにしていたのに「外伝」だとさ。と、言いつつも見たんですが、どうなんだろう?映画とはどれくらい違うんだろう?ダイタイ予想はつくのだけど。漫画も一本目も見たこと読んだ事ないんでなんにも言えないんだけど、「外伝」を見た限りでは、漫画そのものはかなり面白いような気がする。なんていうかボクの見たいもの・作りたいものの完成形に近いものがあるような気がする。だからもっともっと細心に原作を研究・分析して脚本を練りに練って、優秀な才能溢れる監督に企画を委ねて映画化するべきではなかったのか。と、残念至極。そもそも20億どこに掛かってんの?と激しく疑問だし、そもそもその金はどっから出てんのだろう?一本20億×3=60億!で、有名人どんだけ出せばいいんだと。キャスト全員を有名人で出せばいい映画になるんだとでも思ってんのかしら?なんちゅうか惜しいよね。もっといい映画おもしろい映画になるのにね。原作者もそう思ってんじゃないの?と、いう事で原作はいつか漫喫で読み、映画はいつかTVでやった時にでも見るかと。

GyaO 光

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »