« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

ライフ・アクアティック

10311 いいんですけどね。どうもね、見るのしんどかった。時間も気になった。見ててなんか遅かった、時間の過ぎるペースが。でも、嫌な作品ではない。まぁ、そんな感じ。


ダージリン急行 [DVD]

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/30

ラスト、コーション

1031 中国人映画監督てのは、ハリウッドで成功しても自国の言葉で語ってるし、自国に帰っても国際的な作品を堂々と創るってのがスゴイ!なぁ、と、思うんですよね。エロが評判になりましたが、いえいえなかなか映画としてもいいですよ、これ。「魍魎の匣」ファンは見ないとね。


ブロークバック・マウンテン [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/29

「インビクタス・負けざる者たち」

Invictususa_poster_









クリント・イーストウッド監督の新作・邦題が決定。

2010年2月5日 全国ロードショー予定。

予告編はこちら


さよなら。いつかわかること オリジナル・サウンドトラック

HMV ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダーティ・ファイター

原題は「Every Which Way But Loose」。この時期のイーストウッドはヘタしたら今の十三・セガール化したかもしれない雰囲気もあったりしたのだけど、ソンドラ・ロックにメロメロで新作映画に彼女が出てるだけでもうウンザリしたものです。再見してみるとこれがね、かなりというかモノスゴクおもしろかった!ソンドラ・ロックも好きになりました。怪作。奇作。ここんところはイーストウッド作品に通じるものあります。変です。監督はイーストウッドじゃないんだけど、自分の会社だからね。いつものメンツです。ロード・ムービーてのもいいですね。続編もあります。楽しみ!


ダーティハリー3 [Blu-ray]

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/28

探偵物語

まぁ、結局のところロマン・ポルノなんだよね。ロマン・ポルノ的なものを追い求めている。それはいったいなんなんだろう?薬師丸はともかく優作は出演しながら何を感じ何を考えていたんだろう?仕事として割り切っていたんだろうか?やはり相米監督であったならば・・・なんて事思ってみたり。これもディレカンの仕事のひとつだったんだね。


蘇える優作 ‐「探偵物語」特別篇 [DVD]

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009/10/27

中国の植物学者の娘たち

ミレーヌ・ジャンパノワ、清水美砂 に似てるなぁ。フランスで評価の高いイーストウッド映画には最適なキャステイングかも。イーストウッドこの映画好きだと思うよ。撮影中の「Hereafte」にも影響を与えていそう。それほど評価されていないみたいだけど、ボクには好印象。よかった。中上健次が書いた短編みたい。新宮の浮島が舞台。原題は「植物園」てことなのかな。


小さな中国のお針子 [DVD]

サントリー健康食品オンラインショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/26

ユメノ銀河

途中ちょっとウトウトしちゃったけど、おもしろかった。「となりのトトロ」「羅生門」ファンは楽しめる。60分に再編集したらどうだろう。本作品のロケーション・マネージャーに拍手!

ユメノ銀河 [DVD]

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/25

海峡

公開時に観た時はこんなにいい映画だとは思わなかったなぁ。黒澤映画の伝統を引き継いだ職業人についての映画。目の前の困難を迂回せずにまっしぐらに突き進む者たちの映画。木村大作の素晴らしいキャメラも堪能できる。俳優人の気合の入ったアンサンブルもお見事。健さんの代表作!と言い切ってしまってもいいかも。しかしなんですなぁ。むかし観た映画も見直さないとけませんですなぁ。視点が違うと評価も違ってきます。音楽を南こうせつが担当。これは福岡つながりなのかな。健さんが映画の中で着ている衣装は全て自前らしいが、冒頭で着ているコートはいいねぇ。カッコイイ。ひとつ気になった点。腕時計。最初、左手にしてるんですね、腕時計。確か、健さんは右手に腕時計だったと思います、プライベート。役柄で右手なんだな、と、見ていたら、最後の吉永小百合とのシーンでは、右手に腕時計してるんですねぇ・・・。素の健さん?スタッフ気がついてても言えなかったのか?何らかの意図があったのか?ところで、ラスト・シーンのあの場所はどこ?ドーバー海峡のどっかだとは思えないんだけど。アリゾナ?


高倉健 DVD-BOX

ウィルコムストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/24

ウホッホ探検隊

製作、ディレカンだったんだね。根岸吉太郎と森田芳光の個性が溶け合っていていい感じ。これが根岸吉太郎だけだったらもっと重くなっていただろうし、監督も森田芳光がやっていたらもっと奇妙な映画に仕上がっていたような気がする。企画としては相米慎二 監督向きなのかも。「ときめきに死す」になんか似てるなぁ、雰囲気が。あの研究所はカルトでしょ、どうみても。あぶねぇあぶねぇ。


探偵物語 デジタル・リマスター版 [DVD]

プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/23

「リアル・クローズ」は「アグリー・ベティ」のパクリ?

カット割り・演出も酷似。あぁ、恥ずかし!

(ノ∀`) アチャー

アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK

イトーヨーカドーネット通販

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中国の植物学者の娘たち

クリント・イーストウッド監督ファンならば見なくてはいけません。(その理由)。movieplusで放送。録画予約しました。


きのう何食べた? 3 (モーニングKC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/22

クリント・イーストウッドの映画。

「ダーティファイター」「ダーティファイター 燃えよ鉄拳」「ファイヤーフォックス」「ピンク・キャデラック」。4作品のDVDを購入。監督作品は「ファイヤーフォックス」のみ。イーストウッド作品のDVDでの再発はもうないかもしれんね。今ある在庫で終わりかも。今後は「Blu-ray」のみのリリースの予感。


ダーティファイター 燃えよ鉄拳 [DVD]

HMV検索
検索する

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

狂った果実

最近、本間優二を見かけないけどどうしてるんだろう?郷愁を呼び起こす一品。CS放送ヴァージョンは劇場で観たヴァージョンではないみたいだけど、あの場面をカットしてるんだろうな。この手の作品てのはもう絶滅しちゃったね。無念なり。


ひとひらの雪 [DVD]

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ピンク・キャデラック

1000円だから買っときますか。監督作品ではないんですけど。

(ツタヤ・オンラインにて)

1/24 '58キャデラック ピンクバージョン

TSUTAYA online

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/21

名探偵モンク

やっぱ「モンク」はおもしろいねぇ。ただいまAXNミステリーにてエピソード1から再放送されているのだけど、毎日録画してます。ここらへん見てないんだよね。録画ばっかりして見てないんだけど。ちょっと見ないとね。「バトルスター・ギャラクティカ」の再放送も始まっちゃったし。でも、DVDはリリースされてないだよね、「名探偵モンク」


Cold Case [Original Television Soundtrack]

セシール - こたつ特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

私家版

これはテレンス・スタンプ の「グラン・トリノ」なのかも。フェリーニのドキュメントに出演していた彼はとっても魅力的だった。むかしは妙に怖かったんだけど。かなり見応えがあり、満足感いっぱい。DVDも再発してほしい。原作も読んでみないと。


私家版 [DVD]

グリコネットショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/20

それでも生きる子供たちへ

オムニバス映画を創るのはとても難しい。個々のエピソードのリズムと全体のリズムの調和をとるのは至極のワザ。ちょっとでもそのリズムが狂うとダレちゃって見てられなくなってしまう。黒澤監督の「夢」はその失敗作の見本。成功したオムニバス映画ほど気持ちのいいものはない。本作品は成功作。でも、気持ちはよくならない。胸が軋む。世界の子供たちについてのエピソード。そのどれもが素晴らしい。圧巻なのはやはり最後のジョン・ウー演出のエピソード。イーストウッドの「トゥルー・クライム」のラストに通じる物語の幕切れ。現実なのか夢なのか希望なのか。


【初回生産限定】レッドクリフ Part I & II DVDツインパック

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/19

ビートルズとは何だったののか。

東大の授業をまとめたものなのかな。大変な名著。ボクの読んだビートルズ研究本の中のベストワン!ビートルズファン、音楽ファン、歴史ファン、モノを売りたいと思っている人等々、なぜにビートルズは売れたのか?なぜにビートルズは今でも現役なのか?を具体的に考察・分析されていてその内容にはハッ!と目からウロコが落ちました。そういう事だったのか・・・!とにかく読んでみて!売れないミュージシャンは特に必読かも。いやほんとにビートルズは「ラブ&ピース」だったんですね、初めから。

ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】

HMV ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/18

大瀧さんがゲストです。

番組はこちら

映画「めがね」オリジナル・サウンドトラック

大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レマゲン鉄橋

食べ始めは大味でイマイチだな。と、思いながらも食べていくにつれて、ん?もしかしてこれうまい!?なんて思う時あるのだけど、まさしく本作品がそういう作品でした。これって実話なのかな?そこんとこどうなんだろう。「大列車作戦」もそうだったのだけど、もう凄まじく人が死んでゆく。どんどん殺されていく。昔の戦争映画てのは今の新作映画以上に刺激的だったんですね。ドイツ軍が英語を喋るのはハリウッド映画のお約束なのだろうけど、ちゃんと母国語で会話するリメイクを観てみたい気がする。「プライベート・ライアン」のモトネタのひとつでもあるのかな。


タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]

サントリー健康食品オンラインショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/17

「タイムマシンにおねがい」・・・永遠に。

ここ数日とても体調が悪くてそろそろオレも終わりか?なんて事思いながら毎日を過ごしていたなかでの訃報。動揺。自殺なんて・・・加藤さんの美学なのか?ビートルズのBOX聴き終えて、もう音楽やるの嫌になる人いるかも?なんて事思ったりしたんだけど。ボクにとって加藤さんは憧れの人・男でした。いつもこっちにおもしろいものあるよ。と、教えてくれていた人。先日、FMから流れてきた「タイムマシンにおねがい」。むちゃくちゃかっこよかった!ボクのあの企画には加藤さんが必要でした。日本人でも海外でいけるぞ!と、リアルに感じさせて勇気を与えてくれた人。・・・さようなら。


パッチギ! (特別価格版) [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジュリーを映画館で観る in 大阪

詳細はこちら


太陽を盗んだ男 [DVD]

TBS ishop

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/16

リマスター ビートルズ 全曲視聴。

こちらでどうぞ。期間限定です。

ビートルズの2700日―The Beatles Files1963‐1970

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フェリーニ 大いなる嘘つき

黒澤監督が脚本を書いて、フェリーニが監督する。と、いう企画があったようななかったような。(この逆だったかも)。フェリーニと黒澤監督は同じ匂いを漂わせていたんじゃなかろうか?と、夢想させる優れたドキュメンタリー。ところどころ現れるロケ現場の今。いつの日にか訪れてみたい。

(お徳用ボックス) アクエリアス 2.0L×6本

イトーヨーカドー ネット通販

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/15

音楽は自由にする。

国際規格「坂本龍一」が出来上がるまでのインタヴュー起こし本。ファンにとっては新しいネタはなし。教授はカメレオンなのでここに書いてあることと同じ事を将来考えているかと言うとそんな事はなさそうなので、あくまでも通過点として読んどいた方がよいな。と、言いつつもYMO時代、週6日は徹夜だった。という事実には驚いちゃった。

Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 Japan

サウンドドック10

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ネコナデ

元はTVドラマだったのかな?期待していただけにちょっと残念。人間ドラマ・猫物語どちらにしても中途半端。もっとドラマが展開しないと。でも、キャメラはとてもよかった。見えない部分があるのがとてもいい。キャストもいいのに。惜しい!


連続テレビドラマ ネコナデ DVD-BOX(4枚組)

秋のコーヒーフェア(大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/14

大列車作戦

原題は「The Train」。いや~もう全身の血が沸騰するくらい素晴らしかった!これはまさしく黒澤映画そのものだね。「ブラック・サンデー」にも匹敵する大傑作!こういう映画を劇場で観てみたい!もはや失われた良質な映画。もうこういう映画を新作として観ることはできなくなったんだろうか?


ブラック・サンデー [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/13

World Premium Live

エリック・クリーム・クラプトン、スティービー・ワンダー、ビリー・ジョエル、を見てきてのポールの2007年のライブ。正直なとこ、いちばんダメダメ。この時のポールはほんとうによくない。全然声が出ていない。最近はかなり復活しているんだけど。安心して見ていられない。セットリストもね、もうお腹いっぱい!次回のツアーでは全面的なリニューアルに期待。


ライヴ・フロム・シティ・フィールド~ベスト・ヒッツ・ライヴ(価格予定)

TSUTAYA online

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/12

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

キワモノのイメージを凌駕する家族映画の傑作。これほど細やかに作りこまれた映画を見るのは久しぶり。レンタルで見た気になっていたのでCSの放送を見逃すところだった。録画しなきゃ。


ダージリン急行 [DVD]

プレミア焼酎買うなら酒蔵(さけぐら).com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

YMO+The Beatles

来年リリースされるYMOの新曲は「Hello Goodbye」のカバーらしい。タイアップ曲なのかな?


ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】

「ショップロゴ+送料無料」バナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/11

赤い風船

ボクの原点。この作品を子供の頃観て映画狂になった。これこそ映画!映画とはこれ!



五つの赤い風船~結成40周年コンサート~ROOTS MUSIC DVD COLLECTION Vol.18

AVON(エイボン・プロダクツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/10

バラキ

10代の頃、TVの洋画劇場で見て以来の再見。チャールズ・ブロンソンは小学生の頃から大ファン。アラン・ドロンと両壁。リノ・ヴァンチュラ、ブロンソン妻ジル・アイアランドと懐かしい顔ぶれがズラリ。他にもおなじみの顔も多数登場。監督は007のテレンス・ヤング。もうむちゃくちゃおもしろかった!このおもしろい映画の感覚というものはもはや完全になくなってしまったんじゃないのか?と、哀しい感慨。名画座の復活を切に望む。


さらば友よ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イーストウッド アフター・アワーズ

Eah カーネギーホールでのコンサートが進行しながら、イーストウッドがフィルムグラフティーとジャズについて語っていくという、まるでオール・アバウト・クリント・イーストウッドといった内容。ラストにはイーストウッド本人のピアノ演奏まであり。ジャズとクリント・イーストウッドを愛する人にとってたまらない至福の時間を味わえる傑作。観客がウラヤマシイ!ヽ(*≧ε≦*)φ


さよなら。いつかわかること オリジナル・サウンドトラック

All About スタイルストア[快適な旅行を支える必需品特集]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/09

ポール・マッカートニーの新作、来月発売!

Paulnyc_cd

「Good Evening New York」。CD2枚とDVD2枚のヴォリーム。ジャケットなかなかいいですね。来年はほんとうに来日公演期待してますから!(v^ー゜)ヤッタネ!!

ライヴ・フロム・シティ・フィールド~ベスト・ヒッツ・ライヴ(価格予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10月9日はジョン・レノンの誕生日。

生きていれば70歳!なんと・・・。


ジョンの魂 ~ミレニアム・エディション~

TSUTAYA online

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009/10/08

今夜はポール・マッカートニーとザ・フーだ!

World Premium Live


四重人格

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/07

ダメージ 1

もう随分前にNHK-BSで放送されていたのだけど、予告編を見る限りそれほどおもしろそうに思えなかったので見なかったのだけど、その後のあまりの評判のよさに少々驚いていたのと、しまった!見ておくべきだった!といった後悔の思いを抱えたまま月日はすぎてのCSでやっと第一話を見る事が出来ました。こりゃ、ちょっとスゴイドラマかもしれんねぇ。TVドラマ史上最強の悪人主人公という謳い文句もダテ!じゃないかも。と、思わせる滑り出し。またもやハマル・TVドラマを見始めてしまいました。グレン・クローズ、怖いねぇ!


ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旧CDとリマスターCDを入れ替え。

ステレオのボックスセットが取り出しにくいので、旧CD版と入れなおしました。ライナーも交換。旧CDとジャケットはステレオボックスの中に収納。これで簡単に取り出せます。プラケースを開けると、レーベルがはっきり見えるのもグッド!


ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/06

パニック・フライト

原題は「Red Eye」。もう笑っちゃうくらい駄作。突っ込みどころ満載!でも、ドリーム・ワークスなんだなこれが。(;´д`)トホホ…


おっぱいバレー [DVD]

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/05

インサイダー

何度見ても引き込まれ魅了される。その時代性と永遠性は変わらず。ニコチンは血液によって脳に運ばれ麻薬と同じ中毒性を持つ。なのに公然と販売されている。なぜ?告発の映画。喫煙者は人生の最後に事の真相を自ら実感し体験することになる。


コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/04

人間とは何か。

クリント・イーストウッドファンはこれを読みましょう!イーストウッド映画を読み解く鍵がここにあります。「Hereafter」の後は・・・

マーク・トウェイン?


ハックルベリイ・フィンの冒険 (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/03

Beatles In Mono 入荷発売中。

アマゾン、HMVともにMONOボックス入手可能になりましたね。輸入版は完売みたいですが。国内版は輸入版よりもサイズが一回り大きくなっているみたいですし、ステレオとMONOとの違いを詳しく解説したブックレットも付いているみたいなので、国内版MONOボックス+未収録作品のステレオ単品購入というのもいいかもです。(あっ、サイズが大きいのはステレオでした。MONOは世界共通の日本製でした。)


The Beatles In Mono

HMV検索
検索する

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/02

Good Evening New York

11月11日リリース予定のポールのニューアルバムのタイトル。

CD2枚とDVD2枚。

ライヴ・フロム・シティ・フィールド~ベスト・ヒッツ・ライヴ(価格予定)


ザ・ビートルズ・ボックス

HMV ONLINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゆれる

いい映画というものはどれだけ創り手がエゴを消す事が出来ているかどうか?だと思っています。的確な構図と編集。小手先のワザはエゴそのもので見苦しいだけだと思います。最近の邦画・洋画はエゴ満載の映画ばかりでウンザリです。そういう中での本作品。映画ファンとして諸作品を見てきた歴史を踏まえてあくまでも基本に忠実に映画を作る。変化球ではなく、直球ストレート。圧倒的な評価の西川美和監督。脚本も自分で書く彼女の今後に大期待。「ディア・ドクター」も観なくっちゃ!


蛇イチゴ [DVD]

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/10/01

緑茶

全編、ヴィッキー・チャオとベッドの中でささやきあう感じに包まれてそれはそれは幸せな時間を過ごせます。しかも、とってもミステリアスでドキドキ!感たっぷり。恋しているあの気分。やっぱりいい映画の予感がしたんだよなぁ。と、いうわけで10月です。今年も残り3ヶ月。


草花木果 洗顔石けん・緑茶 100G

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »