« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

LOST シーズン5 最終回

爆発したのか!? Final Seasonは来年初夏、AXNにて独占放送。

ま、待てない!(@Д@;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/29

ナチョ・リブレ 覆面の神様

まるで山本周五郎の人情物語。時代劇でリメイク可能なり。あぁ・・・アナ・デ・ラ・レゲラ。o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/28

ビヨンドtheシー ・ 夢見るように歌えば

ケヴィン・スペイシーの監督デヴュー作なのかな。この映画を創りたいがために役者になった。みたいなことを語っていたような。構成だとか画面創りだとか色々と工夫が凝らされていて見飽きない。友人関係なのかキャステイングも豪華で適材適所に配置。この感覚だけで監督業合格。ジーン・ケリーもOKを出すんじゃないかな、ミュージカル演出とその踊りなどなど。コッポラは「ワン・フロム・ザ・ハート」をこういう映画にしたかったんだと思う。ラスト・クレジットまでまったく力を抜かない演出には拍手!


スウィンギン・ザ・スタンダーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/27

深く静かに潜航せよ

こういう映画を見ちゃうと、もうシネコンでかかっている新作アメリカ映画なんて見なくていいか、なんて思ったりしますね。家で過去の名作DVDを見てればいいかと。大満足!です。もしかするとボクはバート・ランカスターの大ファンかも。クラーク・ゲイブルもいいねぇ。若き日のジャック・ウォーデンもいい、もうほんとに痺れた。往年の東宝特撮映画のタッチなのも好印象。なんと言っても豊後水道が舞台ですから。潜水艦映画の大傑作。

リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)

ユニデンダイレクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/26

女ともだち

故・伊丹十三監督はこういう映画を創りたかったんじゃないかな。大人だねぇ、大人。大人の映画。ゆったりといい気分で酔えます。


欲望 [DVD]

クオカ/cuoca

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/25

百貨店大百科

ラスト、もう一歩欲しかったんですが、それがあるのがアメリカ映画で、ないのがフランス映画なんでしょうね。苦いです、ビター。大人の味。でも、うまい。


PARIS-パリ- (通常版) [DVD]

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト プーさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/24

ウィズ

マイケルが亡くなるちょっと前にBSで放送されたんですよね。でも、録画しなかった。後で悔やみましたよ。今回、ディズニーチャンネルで見る事ができました。あえて吹替えで見ました。ボクはよかったと思います。このようなNYロケはもう無理でしょう。マイケルの案山子演技は見事です。足、フニャフニャに見えますもん。スピンはピタッ!と停止。神業。追悼で再放送してくれないかな、NHKさん。


その土曜日、7時58分 コレクターズ・エディション [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/23

ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン

いや~もう素敵な映画でした。いいなぁ、あの家。ボクの理想かも。映画創りにおけるロケーションの理想形。なかなかこういう映画は創れないよ、ほんと。オリジナルの「赤い風船」がいかに優れた映画なのかも再認識。アジア人の監督が演出しているからこその味わいなんですかね。フランス人と日本人は相性がいいのかも。


悲情城市 [DVD]

ワイン通販『ワイナリー和泉屋』では、平日日替わりでワインを特別価格にて販売いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/22

ミスト

時々、アメリカ人はバカ!?じゃないとか思うときがあるけど、これなんかまさしくそう思った一本。なんじゃこりゃ!?賛否両論!なんて言っている人もいるみたいだけど、単なる駄作です。駄作の極み。そもそもキャスティング、これあれでしょ?トム・ハンクスに断わられての彼でしょ?ハンクスのスタンド・インかと思ったくらい色々と似てる。表情だとか物言いが。で、霧の中のあれ、横浜にも来た、ル・マシンの巨大象のパクリ?いやはや、時間の無駄だから見ないように。


ショーシャンクの空に [Blu-ray]

TSUTAYA online

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/21

ピンク・キャデラック

カルト、カルト作品。まぁ、イーストウッド作品はどれも一筋縄ではいかないんだけど、本作品はトンデモでもってカルトな作品。監督はイーストウッド本人じゃないんですけど、マルパソ作品でいつものスタッフですから。石原プロ作品みたいなものですか(違うか)。当初はウディー・アレンとの共演企画だったみたいなんですが、完成作品にその面影はちょっと見えないなぁ。旅の相棒が彼女でなく彼だったのかな。こうやってイーストウッドの作品を見続けていくと、どれもが「旅の映画」なんですね。旅イコール人生てことなんでしょうか。日本人某監督が撮りそうな映画みたいな感じのとこもありますね、これは。


ダーティハリー5 [Blu-ray]

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ファイヤーフォックス

「Black。 More Black」。「グラン・トリノ」の撮影監督、 トム・スターンはいつもイーストウッドにこう言われるらしい。 イーストウッド監督の好きな色、ブラックが炸裂!映像特典にドキュメンタリーが収録された特別編。主人公、ミッチェル・ガントの訓練シーンがある本当の特別完璧版のリリースを祈念。


よつばと!  9

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/20

悩む力

今日くらいから読み始めれるかな。姜さんは声が素敵ですね、声が。これは前にも書いたことがあると思いますが、学生時代、ボクは郵便配達のアルバイトしてまして、配達地域が先生の住んでおられた地域のすぐ隣だったんですね。そういう意味でも親近感あるんです、ボクは。そういった問題にはまったく無知だったんですけど、当時は。


在日 (集英社文庫 か 48-1)

 iTunes Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ

売れてません。ボクもこのセットリストじゃなぁ、と、思いましたもの。コンサートに行った人のおもいで用かも。でも、初回限定盤は買いますよ、ボクは。擬似ルーフトップおまけDVDが見たいですから。「I'm Down」は泣けるみたいですね。ここがいちばんのキモ。来年の来日公演に期待しつつ来月までおあずけです。


DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻

MoMAstore

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/19

ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット

田舎の気がよくて仲のいいお兄ちゃんたちの憧れの地、アメリカ旅行日記。今や失われた大切なものがいっぱい詰まってる。カーネギー・ホールと出るテロップは間違いじゃないかな。正しくは「ワシントンDCコロシアム」。45年前に記録された魔法の時間。


ザ・ビートルズ ヘルプ!(スタンダード・エディション) [DVD]

オンキヨー公式ショッピングサイト ONKYO DIRECT

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4ヶ月、3週と2日

このDVDのジャケットの視線の先にあるもの・・・。映画というよりもドキュメント。時代の空気感が主人公なのかも。優れた短編小説を才能ある映画人が映像化すればこういう映画が出来上がるんだろうけど、ボクは好きになれない。


MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

アンティーク調のデザインの中に、今のトレンドがアクセントとして散りばめられたインナーウェアブランド。バリエーションも豊富で、自分を女性らしく・華やかに演出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/18

Good Evening New York City

発売されました。でも、ボクは12月2日発売のCD2枚+DVD2枚の初回限定デラックス盤を買います。来日公演はいつ?。


ライヴ・フロム・シティ・フィールド~ベスト・ヒッツ・ライヴ(価格予定)

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/17

旅人 開高健

開高さんとまた旅に出てみようか。

オーパ (集英社文庫 122-A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/16

もうすぐ読了 「悼む人」 

これはまるでボク自身についての物語みたいだ。今のボクにとって死はとても身近な存在だから。


Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~ [DVD]

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/15

This is It

今年いちばんの収穫は「This is It」かも。と、年末も近づいてきましたがそう思うわけです。(イーストウッド映画は別格です、念のため)。特異な映画体験。冒頭でのこれからオーディションを受けるダンサーたちのインタヴューで見る気を一気になくさせかけての、現実版「コーラス・ライン」onステージ・オーディション風景。そのあまりの人数にちょっと息を飲む、ゴクリと。もっといいかげんだと思ってたぞ、オレ。セットの建て込み。その場所はまさしく追悼式が行われた場所。いきなりリハの映像が始まる。この瞬間の感覚は、実際の現場に入っていってリハを覗いている感覚に近い。そしてその気持ちは最後まで続いてゆく。次第にスタッフ・メンバーと同じ気持ちになって自分もリハに参加している気分になってくる。マイケルは素敵だ!今まででいちばん素敵かもしれない。でも、でも、異常に細いぞ、大丈夫か?いや、だから、大丈夫じゃないんだ・・・。ボクらはゴールがなかったことを知っている。この思いはとっても辛くなってくる。観てるとドンドンつらくなってくる。ボクが恋した金髪ギターお姉ちゃんへの「ここは君がスポットライトを浴びるところなんだ。」のマイケルの励ましには号泣。ギター・バトルまであったんだぁ・・・。と、しんみり・なみだ。コンサートのディレクターにケニー・オルテガをキャスティングした段階でマイケルは現役復帰したんじゃないのかな。そう思います。「ライヴ・イン・ブカレスト」でクドイほど写される失神する観客。そんなウザイ映像はまったくなし。マイケルはひたすら映画館に座っている観客に向って「関係者以外立ち入り禁止」区域で踊って歌ってみせる。これで十分だ、これ以上、もう何もいらない。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]

あったか特集2009_234*60

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/14

ユーロ・トリップ

まったく!期待していなかったのでかなり楽しめた。特にオランダ編がおもしろい。こういうアメリカ産のコメディー映画をドンドン放送してほしいものです。

タイトル未定 [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/13

GSワンダーランド

これオレの脚本のパクリちゃうの?と、思いつつ横目で公開されたのを観察しつつ今日に至ったわけですが、冒頭の栗山の手の動きが妙にスローなのはなぜ?素材はいいのに調理法がおかしくマズイ出来上がり。序破急と進行するにつれておもしろくなくなる。栗山級の女が横に寝ているのに若者よ!ムラムラしないのかい!?ラストは主人公たちがああなるのがと思ってた。あのオチは予見できるオチ。不満満載!だから自分でやる。


GSワンダーランド・オリジナル・サウンド・トラック

ビートルズ MONO BOX!7%ポイント

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/12

Dearフランキー

いや~いい映画だった。イギリス映画だから見て損はなし。と、思っていたとおり。ジェラルド・バトラーがほんとうにいい男。俳優人すべてが素晴らしい。永久保存。何度でも見たい。


タイトル未定 [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/11

悼む人

う~ん、なんなんだろう、このおもしろさは。ちょっと最近ないなぁ。しかも、とても読みやすい。作家のエゴが見えない。ゆっくりじっくり読もう、と。これはいい映画になる。


クロックマン O型

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/10

ルパン

序破急の進行とあわせておもしろくなくなってゆく。フランス版「バットマン」シリーズを創りたかったんだろうけど。小学生時代、アルセーヌ・ルパン物のファンだったボクとしてはとても残念無念。


ルパン三世「カリオストロの城」 [Blu-ray]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/09

悪夢探偵

精神的に病んでいる人だとか自殺したいと思っている人は見てはいけません。やばいよこれは。それにしてもhitomiの演技はどうにかならんか?


悪夢探偵2 [DVD]

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/08

ライヴ・イン・ブカレスト

ポールの新譜発売が来月に延期されたんで急遽購入しました。堺に発送センターが出来たんでアマゾンプレミアムも無料体験可能。と、いう事で今日の朝に注文して夕方着。むかし、NHK-BSで放送されたのをビデオに録画したんだけど、再生途中でテープが切れて昇天。久々の再会というわけです。今晩見れるかな?


マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)

ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/07

ブラッド・ダイヤモンド

まぁ、なんか途中でこれマジでコント?と、思ったところあったり。ディカプリオはどんな役を演じても俳優ディカプリオにしか見えなくて、フレームの外にあるトレーラーだとか、撮影後のホテルだとかがイメージできたりで、俳優業を引退してプロデューサーに転向したほうがいいかも。ジェニファー・コネリーとの同じような絡みは何の意味もない繰り返し。いつもの安全な場所での会話シーンももう見飽きました。


(お徳用ボックス) サントリー 伊右衛門 2L×6本

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ムーンウォーカー

むかし、ビデオ持ってたんだけど、売っちゃったんで、映画館へ観にいこうかとも思ってたんだけど、TSUTAYA店舗受け取りは500円OFFの1000円なので速攻でDVD購入。しかし、アマゾンはさらに10円安い990円て、どうよ?


ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]

TSUTAYA online

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

白い馬

「羅生門」「野良犬」「許されざる者」その他もろもろの名作が透けて見えます。そういう作品。世界遺産。驚異的なリマスターにも驚愕。この質感で黒澤作品を見たい。


Moonwalk

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怒ってるんじゃないよ、愛だよ、L O V E

「This Is It」。心地よい時間に身をゆだねていると次第にチクチクと痛みを感じ始め、最後には喪失感に飲む込まれてしまう。周りは「これはいける!」と、思っていたに違いない。その確信が増せば増すほど、マイケル本人はドンドン追い込まれていったのか?マイケルが再現したかったのはボクらが観たあのコンサート。セットリストは驚くことにそっくりそのまま。多くを語りたいが今は何も言えない。ただうなだれるのみ。

Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~ [DVD]

HMVジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/06

悼む人

今日から読み始め。辛そうだなぁ・・・。

化物語 第三巻 / するがモンキー (完全生産限定版) [Blu-ray]

All About スタイルストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/05

やわらかい手

けっこう重いねこの映画・・・。エロを期待してはいけません。


(お徳用ボックス) サントリー 天然水(南アルプス) ペット 2LX6本

ANAの旅行旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/04

迷子の警察音楽隊

とてもいい映画なんですけど、イスラエルとエジプトの現実世界の緊張感がそのまま物語の核にあるみたいで最後まで落ち着かない気分。それが狙いだと思うんだけどそれなら大成功じゃないかな。


EXILE LIVE TOUR 2009 "THE MONSTER" [DVD]

イトーヨーカドー ネット通販

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/03

秋深き

Img8f803f9bzikezj 公開時に観たかった一本。と、いうのもボクの活動範囲が物語の舞台。(園田競馬には行った事ないですけど)。織田 作之助の小説が原作というのも興味があった。見てみるとまるでVシネみたい。とってもおもしろくなる場面もどういうわけか尻切れトンボ。たとえば寺ちゃんが焦りながら一代を自転車に乗って探し回るシーンで急な階段の前で慌てて降りて自転車を押して下っていくシーンがあるのだけど、ここは自転車に乗ったまま「ガタン!ガタン!」と下っていかないと。こういう風にあれ?続かないの?シーンの連続。惜しい!と、思う。役所広司、清水美砂、今村昌平演出で観たかった。と、思わせる本来はヒリヒリした企画なのかも。でも、好きですよ、ボク、この映画。サトエリ、可愛いし。八嶋演じる寺ちゃんはアホすぎ。佐藤浩市演じるインケツの松が泊まっていたホテルはものすごく近所。あそこで撮影してたなんて・・・知らなかった!ガソリンがいい味出してます。


ハサミ男 [DVD]

グリコネットショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/02

ヴァージン・スーサイズ

Virginsuicide01 「17歳のカルテ」」とカン違いしてた。始まってからあれ?あれ?なんだこれは?と。見ていくうちに思い出してきた。再見してみると極めて今の物語。共感する若者が多いかも。見るべし!とは言いにくいご時世。ソフィア・コッポラは監督になって名声を得てから美しくなった。内面が充実すると外見も輝くのか。


5 10 ALL THE BEST! CLIPS 1999-2009

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/11/01

ぼんち。

05071703 11月です。今年も残すとこ2ヶ月。もはやもうクリスマス・年末気分?と、いう事で今日も一本。いや~もう言葉にならないくらいいいです。本物の名作。これがね、プロの映画屋の作品ですよ。今の新作映画のなんとおこちゃまなことか!?ラストカットは「捜索者」をモトネタに「さらば映画の友よ/インディアン・サマー」へと継承。と、思いつつも京都生まれの宮川一夫さんだからこそのあの画面。しびれました!


ぼんち (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダーティ・ファイター 燃えよ鉄拳

Anywhichwayportrait 「ダーティファイター」「ダーティ・ファイター 燃えよ鉄拳」は音楽映画の側面もありまして、アメリカ音楽の大御所・新人・あの人・この人、主演のソンドラ・ロック、クリント・イーストウッドの歌声までも聴くこと・見る事ができるんですねぇ。殴り合いだけじゃないんです。この作品、もしかすると後に「シティヒート」で共演するバート・レイノルズとの初共演プロジェクトだったのかも?的内容です。共演俳優の雰囲気がまんまレイノルズその人です。コメディー・リリーフの「毒グモ団」も再登場。相棒のオランウータンのクライド役は2代目です。イーストウッド版・寅さんシリーズ+トラック野郎シリーズ。後日談はもちろん「グラン・トリノ」のウォルト・コワルスキーなり。


チャック・ノリスの地獄の復讐 [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »