« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/31

風が吹くとき

フィクションには見えなかった。2012年の日本の物語。旦那さんは奥さんの膝枕で甘え、奥さんはそんな旦那さんの丸い頭にキス。じゃがいもの袋を被って避難場所に入り永遠の眠りにつく。現実化している地区が既に日本の中に存在する。

| | コメント (0)
|

空の大怪獣 ラドン

冒頭に地球温暖化の話しが出てきてビックリ!平田昭彦さんは小出先生そっくりなり。阿蘇山でのロケなので見たかった!と、思ってもまだ生まれてませんでした。(爆)。「ゴジラ」を見たなら次はこれを。

| | コメント (0)
|

スパルタンX

あれ?こんなにツマンナカッタかなぁ?重い心持ちを痛快に解放したかったのに・・・。まったくおもしろくなかった!ダメボ!

| | コメント (0)
|

けいおん!YMO 「散開」

| | コメント (0)
|

細野大臣「震災瓦礫の受け入れPR」@京都(2012/03/31)part2

| | コメント (0)
|

細野大臣「震災瓦礫の受け入れPR」@京都(2012/03/31)part1

| | コメント (0)
|

【報道記録】<前震>3月9日『あの日に戻れたら...』東日本大震災・前兆

| | コメント (0)
|

【原発】世界初「原発爆発の瞬間映像はどう伝えられたか」報道パニック

| | コメント (0)
|

20111129 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

2012/03/29

20120328 [1/2]たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

2012/03/28

市民ケーン

「J.エドガー」「市民ケーン」説なるものがあるという話しを聞いたので確認するために再見。まぁ、その気持ちもわからないでもないけど、あんまりそういう印象は受けなかったなぁ。確かにウェルズがディカプリオに見えてきたけど。(爆)。エンディング近くのあれ。インディー・ジョーンズ。露骨なほどパクッてたのがちょっと笑えました。

| | コメント (0)
|

2012/03/23

ハーヴェイ

映画の歴史の中でいちばん好きな俳優であるところのジェームズ・スチュワート主演作品であるにも関わらず知らなかったなぁ!この映画。本当に不覚なり。どうなんだろう?有名なのかな?映画ファンは知ってるのかな?なんか性格のいい主人公の心温まる映画なんだろうなぁ。とは思ってましたが、まさかこういう内容の映画だったとは。スピルバーグ、ティム・バートンあたりがとっくにリメイク作っててもおかしくない映画。もしかすると今後実現するかもしれない。もう一回どころか何度も見直したい作品。落ち込んでどうにも元気が出ない時に見るといいかも。ボクもHarveyと出会いたい。

| | コメント (0)
|

The Beach Boys 大阪公演

チケット取れました。ありがとう!

| | コメント (0)
|

2011.6.11 脱原発アクション・神戸

| | コメント (0)
|

2011.06.11 小出裕章さん講演のあとの質疑(1)

| | コメント (0)
|

原発の理由。プルトニウムの行方。 小出裕章

| | コメント (0)
|

ボクが参加した講演会です。

よしなに。

| | コメント (0)
|

2012/03/22

小佐古内閣官房参与辞任・20ミリシーベルト問題

| | コメント (0)
|

生きものの記録

あの日から一年。やっと再見。見れなかった。見る気が起きなかった。黒澤監督在命中、監督の核についての警告に真剣に耳を傾けていただろうか?。ちょっと神経質すぎるんじゃないのか?ガブリエル ガルシア・マルケスとの対談でも「とにかく核はいけない。だめなものはダメ」と、場の空気が悪くなってゆくのが読んでいてもわかるくらいぶれなかった黒澤監督。「夢」「八月の狂詩曲」。「だから言わないこっちゃない!」と激怒しているに違いない。 もうとてもじゃないがあっちの世界で合わせる顔がない。

| | コメント (0)
|

20120321 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

ナマの京都。

最近、グレゴリ青山さんがまたマイブームになっております。第一回の波はバックパッカー海外モノでした。今回は国内編マイブームというとこでしょうか。何と言っても「河原町のジュりー」でしょう。ボクも何度か見かけたような気がします。ちなみにグレゴリさんの中学校の時の先生かな?ジュりーを教えたことあるそうです。京一会館のおばちゃん。ボクもおばちゃんからポスター買ったことあります。黒澤映画のポスター。なんかここ泣きそうになりました。(ノд・。)

| | コメント (0)
|

2012/03/21

20120320 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

2012/03/20

原発ショー歌(小林旭の「自動車ショー歌」の替え歌)

| | コメント (0)
|

20120319 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

2012/03/18

小出裕章さん講演会(前半)

| | コメント (0)
|

京阪神の食堂

買いました。これから大活躍すると思います。編集がよくてとってもわかりやすい。行きつけのお店も紹介されておりました。

| | コメント (0)
|

原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語

今日から読み始めます。

| | コメント (0)
|

Heute Show 「犯罪会社東電」

| | コメント (0)
|

「ふくしま宣言」にご署名を」

こちらです。←クリック!

| | コメント (0)
|

2012/03/17

買わなければ!

| | コメント (0)
|

東海村JCOバケツ臨界ウラン放射線・放射能被爆事故 1

| | コメント (0)
|

動画で見る炉心溶融

| | コメント (0)
|

出荷手続き中。

| | コメント (0)
|

王将

夜の京都。川床でのシーンは日本映画屈指の名場面である。と、ボクは思っています。今に生きる日本人に向けての痛烈な批判とも受け止めました。。現実を直視することにしか再生の道はない。 ボクもそう思います。

| | コメント (0)
|

2012/03/16

DAYS JAPAN 講演会 3.11から一年 福島原発事故から一年

| | コメント (0)
|

20120109 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

私たちの望むものは

| | コメント (0)
|

Good Morning Mr Echo

| | コメント (0)
|

‎1960年代に生まれた人は見たほうがよい。

| | コメント (0)
|

必見なり!

| | コメント (0)
|

なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・「異端」の研究者たち

| | コメント (0)
|

2012/03/15

20120315 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

今年は「RAM」が出るんですか?

| | コメント (0)
|

2012年のプロテストソングに聴こえる。

| | コメント (0)
|

空飛ぶゆうれい船

少年時代に劇場でリアルタイムに観れた幸運を誇ろう。2012年の今、日本に原発を持ち込んだ某新聞企業と政治家との関係についての物語に見える。 よくこういう内容で作れたものだ。検閲の時代なのか2012年。

| | コメント (0)
|

2012/03/14

京都3.10脱原発デモ小出氏&制服向上委員会

やばいよねぇ~!真後ろからのショットはヤバイヨ。知らんかった​よわたし。(爆)。

| | コメント (0)
|

核のゴミ抱える村 青森・六ヶ所村の現実

| | コメント (0)
|

"反骨の3人"が語る原発事故後の未来

| | コメント (0)
|

小出裕章さん『隠される原子力』

| | コメント (0)
|

原発被曝労働者 32年 たった一人の戦い

| | コメント (0)
|

誰かがやらねば...福島第一原発作業員の素顔 : 小原一真

| | コメント (0)
|

私たちはこうして「原発大国」を選んだ - 増補版「核」論

いったい原子力発電所というものはどういう経路で日本に導入されたのか?等々ボクには様々な疑問がありました。霧がかかったようにありました。その霧がサァ~と流れていくような感覚を読後感じました。なるほどそういうことだったのか。と。英訳してクリント・イーストウッドに読んでもらったら監督、興味を持つと思います。渡辺謙さんにその任を託したいと思います。(これマジで言ってます)。1966年と言えば・・・。そうです、あれですね。招聘したのは読売。どうも怪しい。と、ボクには思えます。熱狂で隠蔽された可能性もあると思います。放射能は身体にいい!と言われた時代。ラジウム温泉入ったような記憶があるなぁ。(;´▽`A``

| | コメント (0)
|

小出京大助教 「今現在、戦争が続いている」

| | コメント (0)
|

4号機燃料取り出し建屋カバー建設「前例なき」燃料棒の取り出しへ

| | コメント (0)
|

マスク怪しいです自分。(爆)。

| | コメント (0)
|

2012/03/13

バイバイ原発3.10きょうと&human ERROR パレード

| | コメント (0)
|

ばいばい原発 3.10 きょうと〜制服向上委員会と小出先生(難民ナウ!TV)

| | コメント (0)
|

ばいばい原発 3.10 きょうと〜メイン集会(難民ナウ!TV)

| | コメント (0)
|

20120313 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

ビーチ・ボーイズ 大阪公演。

チケット先行。 申し込みました!!!

| | コメント (0)
|

生放送原子力村の存在を認める

| | コメント (0)
|

バラまかないで!震災がれき 燃やさないで!放射能ごみ

ネット署名はこちらから。

瓦礫焼却後の灰は放射性物質そのものです。と、小出先生。厳密に​管理された空間でなければ焼却作業をしてはならない。もしも、そ​ういう環境が確保された状況であれば焼却作業もしてもかまわない​。むしろ、しなければいけない。残った灰は東電にお返ししたらい​い。

| | コメント (0)
|

小出裕章氏が語る福島原発事故の核心 1

| | コメント (0)
|

2012/03/12

こちらもいっときましょう!

| | コメント (0)
|

先日の様子がUPされております。よしなに。

バイバイ!原発3,10京都。

| | コメント (0)
|

2012/03/11

SUMMER TIME BLUES (原子力はもういらねぇ!)

昨日、小出先生から「キヨシロー」という発言があったんですよね。発売禁止どうのこうのという。感動しました。ロックな人なんだと思いました。

| | コメント (0)
|

タイマーズのテーマ ~ 偽善者

| | コメント (0)
|

覚せい剤音頭

| | コメント (0)
|

| | コメント (0)
|

総理大臣 何もはっきり言わねぇ

| | コメント (0)
|

広瀬隆 福島原発事故「終息宣言」大嘘の皮を剥ぐ 

| | コメント (0)
|

原発のCMに出ていた有名人

| | コメント (0)
|

メルトダウン

| | コメント (0)
|

原発音頭

| | コメント (0)
|

忌野清志郎___サマータイム・ブルース_原発.

| | コメント (0)
|

We shall overcome

| | コメント (0)
|

2012/03/10

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

濃密な一日を過ごすことができました。バイバイ!原発。

| | コメント (0)
|

おはようございます。

夜中に大きな地震あったんですね。気を引き締めて過ごしましょう。では、デモへ行ってきます。バイバイ!原発。

| | コメント (0)
|

2012/03/09

4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する (ZDF)

| | コメント (0)
|

明日、ここで食べようと思ってたんですが・・・(汗)。

| | コメント (0)
|

映画『核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝』予告編

| | コメント (0)
|

120228「岩上安身×小出裕章」ダイジェスト

| | コメント (0)
|

4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です

| | コメント (0)
|

2012/03/08

バイバイ原発3.10 京都

わたしは3月10日これに参加します。来ない?小出先生も待ってるよ。

| | コメント (0)
|

2012/03/07

原子炉再開を阻止しよう

親愛なる日本の友人たちへ

野田総理大臣は、メルトダウンを引き起こした原子力安全システムの欠陥の対処も終了させていないにも関わらず、原子炉(福井大飯原発)の再開への意欲を見せています。しかし原子炉再開には地元自治体の了承が必要です。

関西電力大飯原発が福島の惨事の二の舞にならないという確証が取れていない状態を鑑み、福井県自治体幹部はこのふたつの原子炉再開に勇壮にも抵抗してきました。しかし彼らは野田総理や電力会社からの膨大な圧力に今にも屈してしまいそうな状態です。もし私たちが福井県に意を寄せて志をともにすれば、野田総理の容赦ない圧力から彼らを守ることができるかもしれません。

さあ、疑問視すべき原子炉再開に対し断? して戦うべく、福井県自治体幹部をみんなで支援しましょう。今すぐ署名しましょう。私たちは必ず西川福井県知事と時岡おおい町長へ届けてまいります。

http://www.avaaz.org/jp/japan_no_to_nuclear_restart_ms/?tta

日頃、原子力発電については様々なニュースを目にします。しかし原子力エネルギーにとって、厳密な安全性基準や透明性は必要最低限のことであると誰もが認識しています。政府はそのどちらも保証することができずにいる上、2基を再開させようというのです。これは非常に危ないエネルギーのギャンブルであり、賭けられているのは私たちの命なのです。

本件に関する決定事項は福井のみならず、将来にも影響を及ぼすことは必至です。震災後初の原子炉再開に対してどのように対応するかは重要な先例をつくることに等しいでしょう。原子力プラントの稼働がまるでドミノのように日本中をかけめぐり、ひいては安全性を ??填することなく震災前の稼働レベルにまで戻ってしまうかもしれないのです。関西電力による安全点検のための全原発停止を受け、4月に日本は半世紀ぶりに原発ゼロの状態になります。しかし、原子炉再開のもくろみは原子力社会から日本が脱出する歴史的なチャンスをも失わさせることになるでしょう。

私たちは岐路に立っています。日本が次のメルトダウンの可能性に脅かされつつある社会に再び戻るか、福島の経験から学び安全なエネルギー社会を新たに創出するかです。数日前、福井県幹部らは再開にあたり県民を納得させるだけの安全性基準が明確にされていないと発言しましたが、彼らは途方もない圧力の下にいます。さあ、性急な原子炉再開に対して勇壮に立ち向かう福井県幹部たちを支援しましょう。請願書に署 ??しましょう。そしてあなたの友人たちにもこのことを教えてあげましょう。

http://www.avaaz.org/jp/japan_no_to_nuclear_restart_ms/?tta

私たちは福島の被災者のための損害賠償金確保、信用ならない原子力当局の一掃に対して厳しく戦ってきました。ふたたび悪夢を繰り返さないようにしなければなりません。私たちや子孫のために安全なエネルギー社会をつくるべく一緒に立ち上がりましょう。

希望と決意を胸に

ジェイミ、キア、アリス、イアン、ダリア、リッケン、デビッド、Avaazチーム一同

| | コメント (0)
|

2012/03/06

悪名縄張り荒らし

あれ?なんか見たことあるような気がするなぁ。と、思ってたらリメイクでした。最大の見所はなんと言っても・・・ 北大路欣也さんでしょう!凄すぎ! (@Д@;。でも、単体ではソフト化されてないみたいですね。日本映画専門チャンネルでどうぞ。

| | コメント (0)
|

ゴジラ モスラ キングギドラ大怪獣総攻撃

いや~怖かった!今回は怖かった。311以後の今、見直すととてもフィクションには思えなかった。ゴジラは原発そのものだ!

| | コメント (0)
|

田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円

バリ島で暮らしたことがある人は納得至極な一冊。わかる!わかる!とうなづき涙するに違いない。 これをそのまま映画化したらいい映画になると思うんだけどなぁ。

| | コメント (0)
|

2012/03/03

PAN AM 第一回。

結構、おもしろかった。でも、ちょっと気になる事が・・・。これって「ハッピーフライト」のパクリじゃね!?どうもそういう気がするなぁ。パクリじゃなくてもアイディア拝借くらいレベルはあるんじゃないかな。あちらはなんか味の薄いスープみたいで不味くはないけど旨くもなし。でしたが、こちらは毎週見てもいいかな。と、思わせるものありました。なんと言いますか、ある種の幸福は永遠に失われたような気がしてちょっと哀しい気持ちにもなるドラマでもあるような気がしました。レギュラー放送開始を待つのであります。

| | コメント (0)
|

バンコック・デンジャラス

こういう映画を駄作と言うんだと思います。全てが破綻しちょりますね。そもそもバンコクである必要まったくありませんな。こういう性格の人はこういうお仕事してません絶対に。運河でのアクションシーン。モウダメダメ。「007 黄金銃を持つ男」を観て出直してきなさい!

| | コメント (0)
|

ローラーガールズ・ダイアリー

諸事情で劇場公開時に観れなかったんですがその時の高評価に大きく賛同するところであります。よくあるフォーマット映画といえばそうなんですが、何やら70年代のアメリカ映画の匂いがします。ボクは70年代のアメリカ映画を観ることで育ってきたところもありますから、この感じはタマリマセン!アメリカ映画ももうほとんどが見る必要のない映画ばかしなり。も真実でありますが、こういうのが出てくるところがスゴイとこですね。 バリモアも人生色々あったからこその堂々の監督デビューなんでしょうね。このテイストの日本映画をボクらに!

| | コメント (0)
|

2012/03/02

ヒューゴの不思議な発明

まさかこういう映画だったとは!?ボクの中の事前情報としてはスコセッシ初の3D映画、クロエ・ヒットガールが出てるくらい。予告編は観てましたが、いつものハリウッド大作どうせCGばかしなんだろうし。と、思ってました。 一応、クロエとスコセッシ初3Dだし観ようとは思ってましたが期待度はほとんどゼロ状態。冒頭からしばらく何事もなく物語が進行。3Dだしクロエ出てるし退屈はしませんが何だかTBSのドラマを観てるような気もしてきました。が、しかし、中盤くらいから手のひらに汗が出てきてちょっと心臓がドキドキ!その後、涙が溢れて溢れて最後まで・・・。いや~素晴らしかった!まさかね本当にこういう映画だとはまったく知りませんでした。ネタバレになるので何も書けません。映画を愛するシネコン嫌いのオールドファンほど泣けると思います。ちょっと生涯心に残るかもしれませんねこの作品。ボクはスコセッシのメッセージ、しかと受け取りました!余談ですがスコセッシ監督。いつからNY派からハリウッド派になっちゃったんでしょうね。そんな事もチラと思ったりなんかしちゃいました。クロエ!これなら「キックアス」の続編大丈夫です。まだまだ萌えれます。

| | コメント (0)
|

2012/03/01

ミニミニ大作戦

いや~やっぱりおもしろかった!ボクに映画のおもしろさ楽しさを教えてくれた一本。もちろん見たのはTVの洋画劇場。オチも冴えてる洒落てる。こういうオチの映画は最近ないなぁ。「サブウェイ・パニック」が最後かも。(そんなに前!)。ミニクーパーやっぱり欲しくなりました。リメイクなんか見る必要ないですから。こっち見ましょう!

| | コメント (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »