« 小出裕章さんの反原発教室「優しく生きることと原子力」 | トップページ | あの手この手 »

2012/04/28

宮城広場

「キュウジョウヒロバ」と読みます。「みやぎひろば」ではありません。皇居前の広場の事です。この映画いいのか悪いのかわかんないなぁ。俳優人は実力者揃いなのだけどその台詞回しは棒読みだし演技もイマイチ。脚本もなんだかよくわからない。そもそもストーリーはないに等しいですからね。じゃぁ、まったくダメかと言うとそうも言えないような気もしたりして。そもそもなんで映画化したんでしょうか?冒頭のシーンとそのナレーションでは「オッ!おもしろいかも!」と、思わせてくれたんですが。その想いがストーリーを引っ張っていくかというとまったくそんなんじゃないし。今ではロケ不可能な場所での貴重なシーン満載なので作品の存在価値はあると思います。かしこ。

Kh

|
|

« 小出裕章さんの反原発教室「優しく生きることと原子力」 | トップページ | あの手この手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小出裕章さんの反原発教室「優しく生きることと原子力」 | トップページ | あの手この手 »