« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/31

たね蒔き「大飯原発再稼動問題~もう一つの住民説明会」

| | コメント (0)
|

2012/05/30

20120530 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

関西電力大飯原発へ 行ってみた

| | コメント (0)
|

Fukushima Nuclear Power Plant Movie

| | コメント (0)
|

2012/05/29

「今週もエネルギー戦略会議詳報です~飯田哲也さん

| | コメント (0)
|

「原発事故直後の放射能汚染の実態」

| | コメント (0)
|

2012/05/28

たね蒔き特番「今 津波がきたらあなたはどこに逃げますか?」

| | コメント (0)
|

2012/05/27

福井県おおい町当局への申し入れ

| | コメント (0)
|

2012/05/26

環境省説明会での質疑応答-20120412熊本

熊本出身者であるボクには実感として危機感を感じることができるのです。

| | コメント (0)
|

2012/05/25

平井 大 / ALOHA パクリじゃね?

| | コメント (0)
|

2日目もなかなかにいいじゃん!これ見ると。

| | コメント (0)
|

ウォッチメン

いや~おもしろかった!映画を観ることの快感を久しぶりに味わいました。劇場で予告編を観たのは覚えてます。色々と忙しかったんでしょうね。公開時には観れなかった。そのままこの映画の存在ごと忘れてました。スマイルマークで思い出しましたよ。しかし、全ショットに工夫とお金がかかってますね。何気ないレストランでの会話シーンでさえ普通に撮ってない。あそこ驚いちゃいました。こういうシーンを見ると映画狂の血が騒いちゃうんですねワサワサと。「AKIRA」そのもののシーンもありましたね。物語もとても哲学的と言いますか。こういう映画での復活を期待してんですよねわたしはGOJIさんの新作を。と、いうことがハッキリ!とわかりました。うむ。

| | コメント (0)
|

ハリーの災難

HDで見るとこうも印象が違うもんなんでしょうかね?驚いちゃいました。ボクの脳内イメージはビデオの時代のイメージ。どっちかというとスタジオ内での物語といったイメージ。それがなんとこうも綺麗な野外シーンの数々があったとは・・・。そういう印象は残ってなかったなぁ。いちばん良質なフレームの典型を堪能することが出来ました。今回思ったのはこれって「羅生門」に似てなくね? 冒頭とエンディングを見てそう思ったんですが。うむ。

| | コメント (0)
|

20120524 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

おはようございます。

| | コメント (0)
|

2012/05/24

「大阪府市エネルギー戦略会議って、なに?」

| | コメント (0)
|

おはようございます。

| | コメント (0)
|

2012/05/23

タイフェスティバル2012 大阪 フィナーレ

おぅ、こんな感じで終わりましたか。 UPして頂いた皆様に感謝。

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル「オスプレイ~知られざる危険性」

おはようございます。笑っちゃいけないけど笑える。

| | コメント (0)
|

2012/05/22

2012 タイフェスティバル 大阪  フォーモッド Four Mod

ん?セットリスト違う?衣装もいいじゃん!

| | コメント (0)
|

キングコングの逆襲

日本映画専門チャンネルで鑑賞。劇場公開時に観た記憶あり。あれから数十年の今再見して見るとかなりヤバイ内容の映画。007シリーズもこのくらいヤバイストーリーでもいいのではないのか?と、思わせるほどのヤバさ。(あまりのヤバさなので解説なしでよろしく!)。こういうのを当時のガキんちょたちは観てたんですね。驚きです。なぁんも知らんかった。(当然か!(;´▽`A``)。 コングの造詣には激しく疑問でありますが、クライマックスバトルは名場面。東京タワーのシーンは野外で撮影したのかなぁ?カール・ネルソン司令官を演じる ローズ・リーズンが時々、ショーン・コネリーに見えるような見えないような。もしかしてコネリーのスタントやってた?リメイクしたらいいのに。と、真剣に思います。

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル「今年の節電は・・・」

| | コメント (0)
|

2012/05/20

バッポンのカラオケ思い出したりしちゃったりなんかして。

| | コメント (0)
|

Thai Festival 2012 OSAKA "Four Mod"

待ってました!(◎´∀`)ノ

| | コメント (0)
|

どういうわけかステージ前にいるわたし。(汗)。

085

| | コメント (0)
|

ムッチャ可愛かった!

c(>ω<)ゞ !

| | コメント (0)
|

タイフェス大阪。今日もやってますよ。

037

| | コメント (0)
|

2012/05/19

That's Why God Made the Radio

ラストの曲が「Summer's Gone 」。参りました。檀一雄の世界ですか。コンサート前にやはり聴い​とくべきでしょうか?会場でサイン入りとか売っているような気が​する。

| | コメント (0)
|

福島原発の真実 最高幹部の独白

買います。読みます。

| | コメント (0)
|

おはようございます。

| | コメント (0)
|

2012/05/17

3ヵ月後にお会いいたしましょう!

| | コメント (0)
|

踏みはずした春

終わってしまったら見ていた映画とはまったく別な映画を見たような気になる作品。なんと言って左幸子。小林旭と浅丘ルリ子をクルマの陰から見送る左幸子。怖いです。シドニー・ポワチエ主演の「いのちの紐」を思い出しちゃいました。ボランティア映画というジャンルはないんでしょうが結構、主人公がなんらかのボランティアをやっているという映画はたくさんあるかもしれませんね。

Fh

| | コメント (0)
|

霧の音

日本映画専門チャンネルで鑑賞。日の当たらない名画なので未ソフト化。切ない恋愛映画。そのすれ違い描写は見ていて戦慄するほど。見事すぎて言葉をうしなうくらい。あと一歩足を踏み込んでいてさえすれば・・・。何気ない台詞の伏線がクライマックスで主人公から希望を奪う。こういう日本映画のクラシックを見るともう新作洋画は観なくてもいいんじゃないのか。と、思ってしまいますね。

Kiri

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル「電力不足・・・ホントのところを聞く」

| | コメント (0)
|

20120516 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

おはようございます。

| | コメント (0)
|

2012/05/14

ディア・ドクター

結構怖かったなこの映画。ラストのオチ。どういう感想を持ったんだろうこの映画を観た人たち。復讐しに来たとも解釈できると思うんです。ボクにはそう見えた。だからこその鶴瓶のキャスティングであったと。あの人笑顔も怖いよ。よく見てみ。監督の西川美和さん。インタヴューで「自分がニセモノであることがまだばれていない。」と語っていましたがどうしてどうして。本物じゃないですか!原作物の映画化だと思ってたんですが、オリジナル脚本だったんですね。今、いちばん関心があってしかも期待に十分答えてくれる信頼感バツグンの日本人監督さんなのです。唯一の人かも。それにしてものオチシーンでの八千草薫さんの表情の変化の素晴らしさ!びっくりしました。

| | コメント (0)
|

2012/05/13

プリンセス トヨトミ 

失敗作と言うよりも「粗悪品」。思うんですけどね、製作者さん。まったく映画というものに興味も関心もないんだと思うんですよ。でも、社内人事でそういう仕事をする部署に配置されてしまったんで日常業務として映画製作を担当している。もしかするとその仕事が嫌で嫌で仕方がない。毎日転職を考えて日々の業務を繰り返している。のかもしれません。大阪全停止して人がいなくなっちゃうんで綾瀬はるかちゃんが必死のパッチで走り回るわけなんですが、なんで人がいなくなったのか?その理由はもうその時点でこの映画を見ている人は知っているわけなんですよ。なのになぜに必死のパッチで走り回るシーンが延々と続くのか?理解不能。大阪と言えばなぜにいつもお好みとたこ焼きなのか?これっていわゆる素人でも思いうかぶわけですよ。それ以外の大阪のイメージを書いてこそのプロの仕事なんじゃないのかと。健さんの新作もこれをやってるんですよまたもや。ヤクザの事務所殴りこみシーン。もうぎょうさんおるわけです組員さん。ありえないと思うんです。もうどんだけ運営するににお金かかりますか?こんなに組員抱えてたら。凄いですね。力があるんでしょうね親分さん。でも、なぜかオドオド。3階にあったかと思うんです事務所。そこに普通に女装願望少年が突入!出来るってどんなセキュリティーしてんですか?はぁ?尼の某所にご案内しましょか?ホテルの朝と思われるエレベーターのシーン。いかにも浪速のおばちゃん集団が乗り込んでくるシーン。これっておかしくないですか?大阪のホテルの朝のエレベーターなんでしょ?東京じゃないでしょ?大阪なんでしょう?いますか?大阪のおばちゃん達がホテルに朝。東京ならわかりますよ?はぁ?欲しかったんでしょうね。エキストラもいっぱいいるわけだし、一発の銃声。気を失うくらいでしっかりと左の胸辺りに当たってるのに掠りキズてどうよ?堤真一さんが全編、うっとおしい顔してんですよ。出たくなかったんでしょかね。はるかちゃんも仕事選ばないと女優生命危なくなると思いますよ。どんなに酷評してもしたりないくらいの「粗悪品」の極み。

| | コメント (0)
|

2012/05/11

若者たち

TV版を見ていたような記憶が微かにあります。映画版が先なのかな?かなり感動しました。俳優人が素晴らしすぎます。ここにいる演技人たちの熱気は今の日本映画界に存在しているんでしょうか。疑問です。ナント言っても田中邦衛。今回ハッキリ!わかったんですが、田中邦衛出演作品のどれを見ても外見同じですなんですね。製作年度が古くても新しくてもどこを切り取ってもイメージの田中邦衛。が、しかし、登場人物のキャラもしっかりと創り上げられている。もうこれは奇跡ですね。笠智衆さんと同じ境地に達していると思います。茶の間でのバトルが凄まじいです。「赤い河」での父と子ファイトシーンを思い出しました。「寺内貫太郎一家」はこの作品の影響を受けているのかな?

| | コメント (0)
|

鴨川ホルモー

万城目学小説が映画TV化されるとどういうわけか登場人物の性別が変わったりするんだけど本作本を読んだのはもう随分昔なのでそこんところがどうなっているのかちょっとハッキリしないんだけどあんまり変更なかったような気がするけど。映画化されて予告編を最初に観たときはかなりの違和感を感じ地上波で放送された時にチラ見した時も一瞬で見る気がなくなったのでその後まったく本作品の事は脳内になかったんだけど実際に京都を放浪したり陰陽関係の本を読んだり研究したり幕末その他の知識も増えた状態で見直したらこれが結構おもしろくて楽しめました。笑えたし。こういう感じのオリジナル性溢れる日本の青春映画がもっと創られてもいいんじゃないかな。キャスティングに関しても最初は疑問の塊だったんだけどなるほど納得これでもいいか。と、思っちゃいました。2011年の現実世界京都の物語としても十分受けとめられると思います。

| | コメント (0)
|

2012/05/10

20120510 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

20120509 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

2012/05/08

たね蒔きジャーナル「電気料金値上げは妥当か?」

| | コメント (0)
|

2012/05/04

小出裕章 講演会 in New York

Streaming live video by Ustream

| | コメント (0)
|

2012/05/03

4.30反原発デモ@大阪 - TwitNoNukes大阪

| | コメント (0)
|

プラズマテレビを見に行ってきました。

肉そばとかちわりワインでお昼。
写真撮るの忘れたました。(汗)。

001

| | コメント (0)
|

全ての原発が停止することについて。

カウントダウン!

| | コメント (0)
|

おはようございます。

瀬戸内寂聴さんらもハンスト~経産省前脱原発テント

| | コメント (0)
|

2012/05/01

狼よ落日を斬れ

ミスター原発・高橋英樹主演なので見るのやめようとも思いましたが、ボクが小学生の頃から付けていた映画鑑賞ノートに確かこのタイトルがありしかもおもしろかった記憶があるので確認のために再鑑賞。見事に魅了されました。 いいのか?脱原発!推進なオレ!京都・鴨川での床で語り合う敵味方同士の幕末の志士。その構図が素晴らしい!まさしく名画のそれ。殺陣が凄まじくスゴイ!いつも見ている時代劇の殺陣とはまったく違う生の斬り合い。中村半次郎が, 緒形拳ですからね怖いですよ。ラストに繋がる伏線もいいですね。あえて見せない。幕末の混乱が今も続いているとしか思えない最近の悲劇の連鎖。(「陸援隊」の名まで出てしまいました!)。こんな日本のために死んだんじゃない!と、憂いているんでしょうね。

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル「福島や首都圏の除染の現状」

| | コメント (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »