« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/30

ホテルじゃないよ。

関電だよ。

042

| | コメント (0)
|

どんだけ!!!!(さすがに古いな)。

関電大阪本社ビルと新しく建設中の新・関電ビル。

040

| | コメント (0)
|

でかいな!関電大阪。

真ん中のでかいのが関電大阪本社なんです。こんなにでかいビル必要なんでしょうかね。横に新しいのも現在建築中なんですこれが。ちなみに右手しばらく行くと新しい大阪フェステイバルホールがあります。これも現在建築中。左にしばらく歩くとグランキューブ大阪。と、いうことでタツローさんゆかりのホールのちょうど真ん中あたりにあるんです関電大阪本社ビル。

005

| | コメント (0)
|

たね蒔き「福島で生きる・川柳に込めた被災者の思い」

| | コメント (0)
|

2012/06/29

THE BEATLES 1966-7-1 [LIVE IN JAPAN] 2of4 (Budokan--Tokyo)

こちらを早くDVD化してねアップルさん。

| | コメント (0)
|

BEATLES*ビートルズ来日ドキュメント in 1966

記念すべき日に平和の狼煙をあげようじゃないか!?

| | コメント (0)
|

2012/06/28

George Harrison 'Bangladesh' live (1971)

ボクにはGeoregeが福島のために歌っているように聴こえる。

| | コメント (0)
|

20120628 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

ボクはかなりヤバイ!と思ってます。

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル「速報!関西電力株主総会リポート」

| | コメント (0)
|

2012/06/27

20120627 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

お久しぶりです!

| | コメント (0)
|

いのちか原発か

あっ!と言う間に読了。この本の中で小出先生本人が語っているように今出ている大量の新刊は今までに出してきた本を再構成したもので新たに書いたものはないそうです。そういう意味でも本書はいちばん新しい本物の新刊。対談なんですけどね。いくつかのキーワードが心に残る。「もんじゅを動かすという事は核兵器を作りたいということ」。「脱原発ではなく反原発」。今までに読んだ小出先生の書籍ではいちばんよかった。若狭・小浜にある明通寺にも一度行ってみたい。

| | コメント (0)
|

野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行

| | コメント (0)
|

2012/06/26

#福島原発 #放射能 ,被曝,子供が心停止で突然死! 政府隠蔽(字幕)米TV番組

| | コメント (0)
|

2012/06/25

定期的にUPしないとね。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です

| | コメント (0)
|

アンカー 2012.06.25-2

| | コメント (0)
|

小出先生が好きな歌。

「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」より。

| | コメント (0)
|

6.24広瀬隆氏緊急メッセージ

| | コメント (0)
|

2012/06/24

又四郎喧嘩旅

時代劇専門チャンネルで鑑賞。おもしろい!かなりおもしろい!このおもしろさにはそう滅多に出会えないくらいのおもしろさ。「隠し砦の三悪人」に似ていると言えば似ているのだけどもあちらはこちらの原作に似ているのだろろう。創造は記憶であるのだからね。昭和20年30年代の日本人はこのレベルのおもしろい日本映画を普通に観ていたんだろうね。それはとてもスゴイ!ことなのだ世界的にも。うむ。

Mc

| | コメント (0)
|

2012/06/23

官邸前 再稼働反対抗議行動 45000人

| | コメント (0)
|

2012/06/21

That's Why God Made the Radio

8月の来日公演が終わるまでは聴かない!と思っていましたが風の便りがあまりにもよいのでとうとう聴いてしまいました。youtubeでツアーの様子もチラチラと見ています。(爆)。もちろんNHKのSONGSも見てしまいました。(漠爆)。でも、セットリストは見てません。これはコンサートまで鉄の意志で通します。もう100回以上は聴きました。クルマでもこればっかしです。なによりも・・・ピュアです。マッサラ。まるでデヴューしたての新人バンドみたいにフレッシュ!なんなんでしょうね?この感じは。ブライアンのアルバムではなく確実にビーチボーイズのアルバムであるのだけど初めて聴くような感じ。でも、ところどころに大瀧さんのナイアガラみたいに懐かしのメロディーがチラホラ埋め込んである。顔を覗かせる。 そこがまたよし。日本版はボーナストラックが一曲追加収録されているみたいだけど、ボクはあえてオリジナルを購入。静かに夏の終わりを味わいたかったから。ボクのいちばんのお気に入りは4曲目の「Spring Vacation」。ボクがポップスに望むものが全部入っている。きっとデニスもカールも大満足に違いない。

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

2012/06/20

【BBC】Japan PM Noda orders nuclear reactors back online

| | コメント (0)
|

2012/06/19

たね蒔き「消費増税に突き進む政権の背景に"財務省"」

| | コメント (0)
|

竜二Forever

ボクはこの映画てっきり「竜二」の続編。もしくは「竜二」のリメイクだと思ってました。今回のチャンネルNECOのHPでそうではなく「竜二」を創った人「金子正次についての映画」だということを初めて知ったわけです。もしかするとボクと同じように勘違いしている人多いかかもしれません。「竜二」を愛している映画ファンほどそういう思い込みの人多そう。ボクみたいに。「竜二」を観たのは東映関西支社の試写室だったような気がします。キネ旬で当たったのかなぁ。どういうわけか某市の薄暗い商店街が「竜二」というタイトルを思い浮かべると瞬間的に脳内に浮かんできます。どうも「竜二」を観た帰りにそこを通ってイメージが重なったんでしょうね。ちなみにその商店街には某有名女優さんの実家があります。ボクは映画を観てもそこで語られる台詞が心に残るとか記憶に残るとかそれほどないんですが、この作品には5つか6つ。ズシリ!とくる台詞がありました。どの台詞なのか恥ずかしいので書きませんが、童貞映画少年時代から映画を愛してきた人ならばどの台詞なのかわかってくれると思います。こういう映画を観たかった!創りたかったんだ!というおもいで胸がいっぱいになりながら見ていました。いちいちが腑に落ちるところばかし。金子正次の人生を語りながら映画愛を描いた作品だとおもいます。ああいう最後だったのかなぁ本当に。だったらなんだかとても哀しいな。細野監督は「さらば友よ」が好きに違いない。新作の舞台挨拶に行こうとおもっていたのですが身内に不幸があり行けませんでした。宝塚のあそこに来るのを待っています。

| | コメント (0)
|

BYE BYE 原発 3.10 京都

こちらもどうぞ。

| | コメント (0)
|

STOP再稼動6.10京都アクション

わたしも参加しているのです。

| | コメント (0)
|

『暗闇の思想』から学ぶ 小出裕章さん講演

| | コメント (0)
|

2012/06/18

たね蒔きジャーナル「原発再稼動決定に物申す!」

| | コメント (0)
|

福島原発の真実 最高幹部の独白

一気に読了。野田さんはこの本読んだのかな?読んでないよね。読んだらとてもとても再稼動なんて出来ないはず。 フィクションならば優れたSFスリラー小説として評価できるんだろうけど現実の話しだからね。今日読んだ週刊誌には震災うつになった某有名女子アナの近状が書いてあったんだけど読んでいるうちにそういう気分になってきたんでちょっと調子がよくない人は読まないほうがいいかも。ボクらは何も知らない。知らされていない。

| | コメント (0)
|

2012/06/17

テキサスの五人の仲間

これはまさしく落語ですね。そのまんま時代劇にできるとおもいます。詳しく書くとこの映画を見ることのお楽しみが台無しになるので一切何も書けません。しかし、こういう映画を見ると日本映画も含めていったいどこ行っちゃったんでしょう?と、思っちゃいますね。昔はこういうアッ!と驚かせる見事な脚本で魅せる映画ばかしだったような気がします。冒頭から15分経たないとヘンリー・フォンダが登場しないのもある意味伏線であったわけですね。オッ!と、これ以上はもう書けません。と、言いつつもDVDも出ていないみたいなので見たい人はBSもしくはCSを要チェックの本当におもしろい映画。それにしてもジョアン・ウッドワード。台詞の喋り方が旦那さんにそっくりですね。( ^ω^ )。もうひとつ。子役の役者さん、もしかしてあの映画でイーストウッドと共演してます?

Bhll

 

| | コメント (0)
|

「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」

これを観ないことには次の「原発映画」を観る事ができないんだよ​。

| | コメント (0)
|

20120616 09:14 岩上安身 首相官邸前抗議行動 参加者インタビュー

| | コメント (0)
|

2012/06/16

次回作は・・・原発!

観てくれないと次回作撮れないから!(笑)。

| | コメント (0)
|

2012/06/15

「ちょっと待った!再稼働 原発難民の怒り」

| | コメント (0)
|

2012/06/14

ボクは大飯原発の再稼動がとても怖い。

何か起こったら自分の問題​になる。切実な命の問題。生活が根本から変わってしまう。神戸の​地震で人生が歪んでしまったとおもっているから余計に怖いんだ。

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

山下達郎 NEW ALBUM

(初回限定盤)予約しました。

こちらももちろん行きます! (o^-^o)

| | コメント (0)
|

もうすぐ3時。

ツライ話題ばかりなのでここらでお茶でも。

006

 

| | コメント (0)
|

「自然エネルギーに託す~足るを知る社会へ」

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

小出先生、大きくため息・・・。

| | コメント (0)
|

おはようございます.

昨晩、福島から京都に避難生活をされている方たちのお話しを聞きました。絶望をそこに見た気がしました。ボクが生きてきて初めて出会う絶望がそこにありました。神戸の地震でもなかった絶望だとおもいます。ボクらはまだ何も知らない。

027

| | コメント (0)
|

2012/06/13

「再稼働に消費増税、民主党はどうなってるの?」

| | コメント (0)
|

2012/06/12

億万長者

伊丹十三監督が初監督作品の「お葬式」を撮る前に集中して映画を観まくった。という話しを聞いたような気がしますが、この作品もその観まくった中に入っていたに違いないとおもいます。あれ?なんで壁写すかな?カット変わんないんだけどこのまま主人公が手前まで歩いてくるのをそのまま写してんのかな?なんてことおもってたら画面左の壁にクレジットが表示されていくんですねぇ。クレジット斜めになってるし。最近、デジタルになってからこういうパターンのクレジット表示多くなりましたがこの時代からやってたんですねぇ。市川崑フォントと言われているだけにサスガ!です。もう様々な映画のエッセンスが詰め込まれています。「お葬式」「どですかでん」「幕末太陽傳」「生きる」等々。でも、いちばん驚いたのは「どですかでん」家屋2階で「太陽を盗んだ女」が原爆を作っていたことです。いやはやこれには本当に驚いちゃいました!ラストはちょっと弱いですね。ボクはてっきり原爆が完成して爆発するオチだとおもってました。さすがにそのオチは無理だったんでしょうね当時も。

| | コメント (0)
|

脱原発で豊かになろう!?

おはようございます。

| | コメント (0)
|

2012/06/10

荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻

チャンネルNECOで鑑賞。作品紹介のリンクはもう切れてました。黒澤明監督の脚本は以前読んだことがあります。脚本集に収録されていたのかな?作品を見るのは初めて。黒澤明という人が脚本家としてもいかに優れていたのかがよくわかる一本だとおもいます。その優れた脚本を黒澤監督が演出した以上にこれまた優れた演出で魅せる森一生監督の技が冴えまくり。いわゆるクライマックス後の描写がこれまた凄かった!いやはや本当にここには驚いてしまいました!。見ていて何かに似ている。と、おもいながら見てたんですが、これは脚本を読んでいたからじゃなくて、あれ?もしかしてあれ?かと、「プライベート・ライアン」。クライマックス後の描写も似てますね。スピルバーグ観てますねやはり。

Tuji

| | コメント (0)
|

野田首相の再稼動宣言に4000人が抗議

| | コメント (0)
|

2012/06/09

「速報!大飯原発再稼働で、野田首相が会見」

どないなっとるねん!!!

| | コメント (0)
|

2012/06/08

「いま福島の子供たちに起こっていること」

| | コメント (0)
|

2012/06/06

「原発と活断層~その実態を聞く」

いや~これは本当に日本国民全員が聞かないといかんよマジで。

アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

| | コメント (0)
|

2012/06/05

「大飯原発再稼動へ~おおい町の声」

| | コメント (0)
|

そういうわけで。

こちらをどうぞ。青春不敗ファンであるボクには大感激でありました。(*´ェ`*)

| | コメント (0)
|

とあるイベントに行ってきました。

撮影禁止なので本番の画像はなしよ。

001

| | コメント (0)
|

2012/06/03

青春のお通り

チャンネルNECOで鑑賞。驚きましたねぇ・・・!吉永小百合が関西弁を喋るコメディータッチの映画というので見てみたんですがなんと!ボクの住んでいる市から物語が始まっちゃったんですね。もうビックリ!仰天。阪急電車なのかな?国鉄じゃないよねあれは。団地も千里ニュータウンでしょ?むかしの南千里なのかな?芦屋もあそこは六麓荘?日活撮影所での撮影風景も見れて映画狂も大満足。あの売れない俳優さんは川島雄三監督にそっくり。ハッキリ!とボクもサユリストになってしまいました。ラストのあの感じがボクの理想。ヾ(´ε`*)ゝ

Ss

| | コメント (0)
|

心に花の咲く日まで

こちらも日本映画専門チャンネルで。リンクは切れておりました。残念。DVDも出ておりません。録画された人は永久保存ですね。ここに出てきた家みたいなのがボクの今の理想の日本家屋。こういう家に住み暮らしたい。今の日本ではとっても贅沢。なぜにそうなったのか?ラストのオチもハッピーエンドでこれもまたよし。

Coco

| | コメント (0)
|

左ききの拳銃

DVDは出てないようです。残念。なんと言いますか、こういうテイストの映画は最近なくなっちゃいましたね。主人公に毒があると言いますか感情移入できそうでできないようで・・・。こういうのをジョニデでリメイクしたらおもしろいかもしれませんね。監督はいつものあの人で。

Lhg

| | コメント (0)
|

満員電車

日本映画専門チャンネルがつづきますね。(◎´∀`)ノ。仕方がない。この作品はDVDが出てます。見ていて驚いたのはなんと!尼崎が舞台になっちゃんですね途中から。現地でロケしたのかな?京都に住んでいた市川監督ですからそれもアリかな。まぁ、なんと言いましょうか本当にお見事!だとおもいます。今の時代に生きる就活中の若者にこそ見て欲しい一本。ここがスゴイ!ですね。ちゃんと時代に生きているというところが。

| | コメント (0)
|

舞妓と暗殺者

見ていて気絶しそうになりました。もう素晴らしすぎて素晴らしすぎて。京都をウロウロしたことがある人にはタマラナイ作品だとおもいます。クライマックスの舞妓さんの台詞。ああいう情感と言いますか感情を吐き出せる女優さん、今、いますかね?この作品も日本映画専門チャンネルで鑑賞。もちろん永久保存。

039_2

| | コメント (0)
|

目白三平物語 うちの女房

こういうのをやってくれますからうれしいですね日本映画専門チャンネル。リアル3丁目の夕日。当時でも製作予算はそれほど多くはないとおもいますが今見ていると画面から感じるのは芳醇という言葉。日本映画の幸せな時代。オッ!あの映画パクッてるやん!と、おもうとこ多し。作る前に見たんでしょうねきっと。

Unb

| | コメント (0)
|

2012/06/02

「大飯原発再稼動へ~永田町の'空気'」

| | コメント (0)
|

「大飯原発再稼動へ~橋下市長の真意は」

| | コメント (0)
|

2012/06/01

20120531 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

大拡散希望!

| | コメント (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »