« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/30

ビーチボーイズ結成50周年記念コンサート大阪。

まぁ、まったりのんびりほんわか温かく進行していくんだと思ってたんです。意識的に事前の情報はシャットアウトしてました。ですからセットリストも知らなかったわけです。1、2曲やってはお喋りがあってボチボチやるんだろうなと。一応、アンコールでは盛り上がるんだろうなぁ。そこんとこはブライアンのソロコンサートと同じなんだろうなぁ。ところがどうも何やらいわゆる前座であるところのアメリカからどうもお客さんの調子がいいんですね。盛り上がってる。スタンダップはないにしても暖まってるんですね会場が。ボクも思わずスタンダップしようかと思いましたもん。ステージ転換の30分休憩後、始まったのは8時半。通常のコンサートならそろそろ終わる時間です。まぁ、昨日千葉での野外コンサート移動日の夜ですから仕方がない。タツローさんのコンサートのOPのようにアカペラが流れて静かに始まると思いきや!バックバンドの登場から熱気満載。総立ちになってしまいました。、メンバーの呼び込みになり登場して一曲目が始まってそのまま2時間弱。ノンストップ!!!曲が終わると次の曲が始まりその曲が終わるとまた次の曲!!!えっえっえっえっえっ!!!!なんなんだこれは!!!!いいのか!?こんなんでいいのか!?本当にいいのか!?死なないのか!?メンバーはもう70歳近いんじゃないのか!?基本的に楽器の交換以外は演奏は止まりません。MCもダラダラ喋りません。おう!そう来るのか!そう来るんですね!浪速の観客が狂気しないわけがありません。ボクの2列前の極悪グループ(ごめんね)軍団は上半身ハダカで踊り狂っておりました。マイクラブの「なんて素敵なお客さんなんだ!」というコメントが泣かせました。とんでもない!あなたたちが素敵すぎたのです!ボクがミュージシャンだったら引退を考えたかもしれません。今まで観てきたどのコンサートとも比較にならないまさしく奇跡の晩でありました。ぶっ飛びました!!!

| | コメント (0)
|

2012/08/26

天皇の世紀 

よくもまあこんなものスゴイ!TVドラマ作れたものです。制作費はいったいどこから出てたんだろう?とても気になる。不思議だなあ。

| | コメント (0)
|

2012/08/25

山下達郎 シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012

行ってきました梅田ブルグ。ここは初回特典ハガキで当たった人用限定特別映像鑑賞会が行われた会場でタツローさんが音響をチェックしたことがあるとか聞いたことがありますがそういうわけでかなりサウンドはよかったですね。コンサート同様の満足感が得られると思います。ネタばれになるので何にも書きません。ボクが見た回は満席だったんじゃないかな。客層はかなり高年齢でした。(;´▽`A``。行くべし!

006

| | コメント (0)
|

野田首相との面会を終えて、きょうの官邸前デモは

| | コメント (0)
|

2012/08/24

なんかあの記事には違和感あるなぁ

健さん、別に普通ですよね。(笑)。 厳しくないですよね。 なんかあの記事には違和感あるなぁ。そもそも生放送初じゃないんですよね。 関西TVで出てますよね坂東さんの番組に。 富司純子さんと一緒じゃなかっけな。高倉健さんは一度会ったことがあります。 「冬の華」の時、熊本映画祭で。なんか健さんちっちゃくなってないかい?

| | コメント (0)
|

明日行きますわたくし。

| | コメント (0)
|

2012/08/23

なかなか始まらないコンサートの感想。

ビーチボーイズ大阪公演の物販販売。空港でトラブルがあったみたいで販売時間が遅れたんですよね。1時間かな。最初に何時から販売するのかスタッフに聞いたら「到着していないモノがありましてまだわかんないんです」。オヨヨ!そういうわけで先ずは腹ごしらえ。という事で近所の商店街をウロウロして入ったのが龍閣。リンクしようと思って探しましたがなかなかにいいのがなかったのでリンクはなしよ。店頭にあったメニュー写真を見てたらもうそれはそれは美人な女性が「中にもメニューありますよ」とちょっとたどたどしい日本語で話しかけてきたのでオッ!旨いかも!?と、思って入りました。大正解!安くて旨し!中央体育館に行くならここです。本当に美女!ですからそういう意味でもおススメ。体育館に用がなくてもボクは行くかも。で、まだまだ時間早いかな?と、思ったんですがちょうど日陰もあったんで物販の列に並んだわけです。まさかね。メンバーの直筆サイン入りパンフなんてあるなんて思ってもみなかったわけですよ。並んでいる間中、ビートルズファンでもあるビーチボーイズファンの方と話せて本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました。で、やっとブツが到着して販売開始されたわけですが、ここで直筆サイン入りパンフがあるとスタッフが言うわけですよ。しかし、ものスゴク数少ないですと。ひとりひとり購入するか確認しながら販売を開始すると。もう焦りましたねマジで。ボクの前にはそうですね10人~20人くらいの人いましたかね。もうドキドキ!ですよ。ボクの前で売り切れ!とかなったらもう失神しますよ本当に。冷静に前の人たちを観察してるとみんながみんなサイン入りを買ってるわけじゃないような感じなんですね。あるのか?ないのか?まだ残ってるのか?「サイン入りパンフ下さい!」。

032_2

| | コメント (0)
|

あんぽん

一挙に瞬時に読了!これはまさしく「血と骨」物語ですね。いやはや最近これほどおもしろいの読んだことないや。よくもまぁ出版OKでしたね。熊本出身のボクは鳥栖というところは万博に行く時に通過したのをよく覚えています。その時はもう住んでなかったですね孫さん。 ボクより上の世代はよりいっそうおもしろく読めるかももしれない。

| | コメント (0)
|

春の戯れ

三島雅夫演じるところの徳兵衛のような男になりたい。女子よ!宇野重吉演じるところの正吉のような男には近づいてはいけない。映画というよりもドキュメンタリーを見ているよう。セットは「次郎長三国志」と同じじゃないかな。いつものとおりソフト化はされておりません。

Tw

| | コメント (0)
|

マジカル!発売。

まぁ、ワイドじゃないのは仕方がないか。(;´▽`A``

| | コメント (0)
|

2012/08/22

海辺の少年たち50周年記念コンサート大阪。その前に。

コンサート会場をてっきり大阪府立体育館だと思ってたんです。御堂筋線で難波まで行ってあのカレー食べれてラッキー!だと思ってました。危ないアブナイ!大阪市中央体育館だったんですね・・・。気づいてよかった本当によかった。(汗)。でも、朝潮橋てどこよ?

030

当日、時間があったんで新大阪駅に立ち寄ろうと思ってました。少年たち御一同さまの東京からの移動はどう考えても新幹線でしょう。飛行機じゃないでしょ。ブライアンならやっぱり新幹線でしょう。と、いうわけで何の確証情報もない状態で地下鉄、新大阪で降りました。で、改札にいたんですね・・・KYODOというネーミングTシャツ来た人たちが・・・。ぼんやり待ってたんですね。もう灼熱の大阪なんですよ。ムシムシサウナな大阪。救急車も来てました。多分、熱中症。KYODOTシャツ集団が10人くらい改札の中に入っていったりしましたがなんの変化もないままぼんやりしてると・・・・。

025

ブライアンがテクテクとひとりで歩いてきました。もうかなり焦りましたね。

027

正面のショットは恐れ多くて撮影できませんでした。いいんです。マナー。直後、振り向いたらマイクラブが歩いていたので思わず「ウェルカム!」と右手差し出したらギロリ!と睨まれて「サンキュー!と握手!!!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

もちろん写真ありません。ちょっと呆然となっちゃいましたね。ギロリ!の後はなんだかとってもやさしい感じがふぁふぁ・・・としましたね。イーストウッドのまなざしに似てました。マイクはビートルズと一緒にマハリシのとこ行ってんですね。写真も動画も残ってます。そういう人と握手したんですからね。そのことを思い出したら瞬時に大汗が噴出しました。

028

その後は何がなにやらよくわかんなかったです。メンバー全員に触りました。(爆)。いちばん最後にあわてて改札から出てきたのがアル・ジャーディン。「期待してます!」と言ったら「ありがとう!」と答えてくれました。写真はないです。

029
 

サイン貰ってる人いっぱいいましたね。ボクの真横にあの人もいたのに!と、相棒に言われましたが気づきませんでした。(哀)。レココレ増刊を見せながらクルマに手を振っていたらマイクが車内から親指GOOO!サインで答えてくれたのでした。

コンサートの感想はまた後日なのです。(爆)

| | コメント (0)
|

ごんたくれ

日本映画専門チャンネルで鑑賞。日本は自由な国だったんですね。今、この映画を創ることは不可能でしょう。かなりディープな内容。ちょっと驚きの台詞もありました。一旦停止して戻して聞きなおしたくらい。あの台詞は今言えるかな。神戸が舞台となってますがここで語られる言葉は神戸弁じゃないですね。どちらかというと大阪弁。しかも河内弁じゃないかな。実話なんですね。だからこその河内弁にしてるのかもしれません。物語が同じところを行ったり来たりぐるぐる回転するばかしなので見るの止めようとも思いましたが、結果OKな印象。脚本はあまりよくない。でも、日本映画もいい映画いっぱいあるじゃないですか。もっと正々堂々自信持っていいです。決して洋画には負けてないです。

Gt

| | コメント (0)
|

OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012

もうとっくに予約してんもんね。(*≧m≦*) 。今朝の「とくダネ!」では動くタツローさんが見れましたね。録画したんで永久保存なのです。

| | コメント (0)
|

2012/08/21

セットリストです。

ビーチボーイズ大阪公演。

| | コメント (0)
|

心揺さぶられた一時間であった。

ベニチオ・デル・トロ 広島へ行く 。

| | コメント (0)
|

2012/08/19

まぁ、こういうわけで。

海辺の少年たちコンサートについて感想のようなものを書こうと思うのですがまだまだ脳内がヒートしたままで整理できておりません。もうしばらくしたら書けるかと思われます。タツローさんのシアターライブ見た後くらいになるかな。

025

| | コメント (0)
|

2012/08/18

サイン入りパンフレットでございます。

家宝なり。

032

| | コメント (0)
|

2012/08/17

では行って来ます!

て、早っ! ∵ゞ(≧ε≦๑)

| | コメント (0)
|

2012/08/16

海辺の少年たち御一同様。

浪速では既に警備員を配置しております。

024

| | コメント (0)
|

初・グランキューブ大阪。

昨晩はこんな感じのとこにいました。

027

| | コメント (0)
|

まだ昨晩の余韻に浸っているのでうまいこと感想が思い浮かばんのです

022

| | コメント (0)
|

2012/08/14

才女気質

チャンネルNECOさんで鑑賞。素晴らしい!素晴らしすぎる日本映画のクラシック。昭和20年代なのかな?の京都の風景を見ることができる。ファーストシーンは三条なのかな?四条大橋だとかイノダコーヒーだとか。何よりも驚いたのは・・・・今は無き某広告代理店の京都支社が出てきたこと。えっえっえっ!!!∑q|゚Д゚|p。いや~本当にビックリ!しました。イノダコーヒーのすぐ近くにあったんだぁ。中平康監督は好きだなぁボク。それにしてもいつも思うんですが若き日の長門裕之。桑田佳祐にしか見えないんだよね。

| | コメント (0)
|

小出裕章(京大原子炉実験所助教) 「たね蒔きジャーナル」存続呼びかけ

| | コメント (0)
|

2012/08/12

スターウォーズコンサート大阪公演

チケット買ってきました。

日本公演千秋楽。

席も結構いい感じなんじゃないかな。

楽しみ!(o^-^o)

| | コメント (0)
|

2012/08/11

Beach Boys - 'Doin' It Again' Trailer - Available on DVD/Blu-Ray

| | コメント (0)
|

2012/08/10

プチ・ニコラ

なんて愛らしい心が洗われる素敵な映画なんだ!夏休みに観るには最適な作品。子供のこころを持った大人の人におススメなのです。

| | コメント (0)
|

原子力規制委員会の委員長の人事は今のまま進んでいいのだろうか?

| | コメント (0)
|

たね蒔き「被ばくと国家責任 広島、長崎、そして福島」

| | コメント (0)
|

2012/08/09

20120809 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

MBSラジオ たね蒔きジャーナル存続危機! みんなで継続をお願いしよう!

| | コメント (0)
|

たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

| | コメント (0)
|

ギョギョギョ!!!


てっきり大阪会場、府立体育館だと思ってました。

大阪市中央体育館だったんだぁ!!!!

| | コメント (0)
|

The Beach Boys - Doin' It Again (2012)

来週の16日(木曜日)から日本公演スタートです!(≧∇≦)

| | コメント (0)
|

Trouble With The Curve -予告編。

| | コメント (0)
|

2012/08/08

そろそろ・・・。

カウントダウンいいですか?(≧∇≦)

| | コメント (0)
|

2012/08/04

台風騒動記

物語が進行していくにしたがってイライラしてきてムカムカしてきて血圧が高くなって怒り心頭。いや、映画の出来がどうのこうのではないのです。いったい日本という国はどういう国なのかと・・・。まったく今と同じではないですか!?伊丹十三監督が生きかえって去年の311以後の日本と被災地をテーマに新作を作り上げた!と、しか思えない本当にちょっと信じられないくらい今な映画。つねづね日本の映画人はいったい何をやっているんだ!?と、思っていましたが、この映画を今出してきたNHKと山田洋次監督には最敬礼!したい。こういうことなのだよ!福島での上映会を希望する。

Ts1

 

| | コメント (0)
|

どうせ終わるんなら過激にいけ!たね蒔き。

| | コメント (0)
|

2012/08/02

真昼の対決

日本映画専門チャンネルで鑑賞。とても奇妙な一本。その奇妙さはクリント・イーストウッド監督作品の奇妙さに通じる。イーストウッド監督、この映画観たことあるんじゃないかなぁ。そう思わせる箇所が随所に出てくる。ラストでの主人公の反応も意外だった。クリント・イーストウッド映画ファンは見といたほうがよいと思うよ。

Mk

| | コメント (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »