« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/30

ですから今回の新装再開館フェス初登場の日に行けることになって大変嬉しいわけです。♪( ´▽`)

| | コメント (0)
|

1980年5月27日 フェスティバルホール。ボクが初めて行った山下達郎コンサート。前から二列目中央右端。その日が達郎氏初フェスだったというのも縁ですね縁。

| | コメント (0)
|

スペシャルライブというところがスゴイですね。フェスは達郎さんにとって特別なところなのですね。

| | コメント (0)
|

教授はどこでリハーサルやってるのかなぁ。大阪だったらまさかの「パレード」共演あったりしたらイイなぁ。

| | コメント (0)
|

山下達郎特別公演限定パンフ発売だと!!!

| | コメント (0)
|

山下達郎特別公演。

追加販売。10時からです。

| | コメント (0)
|

山下達郎特別公演。

OP一曲目はどう考えてもこれでしょう!「OH! HAPPY HAPPY GREETING」。♪( ´▽`)。メドレーで「硝子の少年」。これで決まり!

| | コメント (0)
|

2013/04/29

ラストチャンス!明日朝10時。♪( ´▽`)

| | コメント (0)
|

ツアースケジュール発表!

詳しくはこちらで。

5月3日・4日のフェスティバルホールの感想をお楽しみに。

Tatu

| | コメント (0)
|

2013/04/28

今年のGWは。

ライブな一週間となりましたな。

| | コメント (0)
|

2013/04/27

山下達郎追加席販売決定!

詳細はフェスHPを。

| | コメント (0)
|

2013/04/23

Img_0201

| | コメント (0)
|

Img_0274

| | コメント (0)
|

Img_0195

| | コメント (0)
|

Img_0272

| | コメント (0)
|

Img_0263

| | コメント (0)
|

経営学入門 ネオン太平記


橋下さんもごちゃごちゃ言わんとこの映画を市役所職員に観せたらいい。府庁もそうしなさい。浪速とはどういうところなのかが一目瞭然なり。

Neon

| | コメント (0)
|

初春狸御殿

映画が娯楽の殿堂であったんでしょうねぇ。オリジナルの狸御殿に初春を加えただけでこんなにも華やかに。 レビューですね。AKB48もしくはももクロでリメイクどうでしょうか?

| | コメント (0)
|

2013/04/20

20130416

| | コメント (0)
|

20130416

| | コメント (0)
|

Image_2

| | コメント (0)
|

2013/04/15

ゲットスマート

男子は同僚がアン・ハサウェイであったならばと妄想しながら見るに違いない。わたしはそうしながら見てしまいました。(^_^)v 彼女はかなりのタフな女子であるんでしょうね。すべてをやさしく受けとめる度量があるように思えます。いわゆる女優さんであるところの人たちならば怒っちゃう台詞だらけですからね。何よりも映画狂なのかもしれません。大変よく出来た作品だと思います。ナンヤカンヤ言いながらもアメリカ映画流石です。

| | コメント (0)
|

2013/04/14

狐の呉れた赤ん坊

「終」のエンドマークを見て立ち上がり拍手!したくなる爽快な大傑作!いいねぇ、阪妻!狐が呉れた子供、津川雅彦が可愛いねぇ。しっかりしてるねぇ。劇映画というよりもその時代にタイムスリップして作られたとしか思えないほど隅から隅までよく出来ている。もはや文化遺産なり。

| | コメント (0)
|

2013/04/13

弥太郎笠

「シェーン!カムバック!!!」と、叫んだらシェーン戻って来ちゃった。(;´▽`A`` と、いうオチがいかにも雷蔵らしくて最高!でした。お見事!!!

| | コメント (0)
|

2013/04/12

ワーナーからタツローチケット来た!!!

三階席!!!Σ(゚д゚lll)

Image

| | コメント (0)
|

2013/04/08

大出世物語

チャンネル猫さんの小沢昭一追悼特集の一本。吉永小百合が娘役。ソフト化はされていないみたいです。この作品を維新の会の政治集会で上映したいものです。維新の会所属の議員さんたちに感想を聞きたいですね。どういう意見が出るかな。1時間ちょっとの愛らしい小品。でも、内容は深いよ。永遠に心に残ると思います。 フランク・キャプラが映画化しそうだな。

| | コメント (0)
|

2013/04/07

忍者秘帖 梟の城

沈殿するように見ていたので地震速報が出た時にはびっくり!しました。もうどこもかしこも揺れてるんだから震度4クラスではもういいんじゃないの?NHKさん。録画やり直さないといけないじゃん!再放送してよ?もしもこの作品が2013年の製作であったならばカンヌでグランプリを取り全米で公開されてアカデミー作品賞もゲット!するんじゃないでしょうかね。「グリーン・ディスティニー」のように。夜の竹林での忍者バトルが素晴らしすぎる!!!名場面も豊富なり。リメイクにうんざりした人もこちらは大丈夫なり。

| | コメント (0)
|

戦略大作戦

クリント・イーストウッドは「地獄の黙示録」ウィラード大佐役のオファーを受けた時にフィリピンのジャングルで長期間撮影する価値はない。と。いう理由で出演を断っているのですがこの作品を見直してみるとその理由も納得したのであります。だって「地獄の黙示録」そのものなんだもん!コッポラ版ではなくジョン・ミリアス脚本のジョージ・ルーカスが実際のベトナムの戦場でロケしようとしていた「アポカリプス・ナウ」であるところの「地獄の黙示録」。本来はこの作品のようにコメディータッチの奇想天外な物語なはずだったんですね「地獄の黙示録」。こちらでは戦車が音楽を流しながらドイツ兵を攻撃します。 上官が殺されて所属不明の一師団も登場します。 そもそもが作戦離脱行動ですからね。イーストウッドとしてはもう既に演じた。と、いうところだったんでしょうね。音楽担当はラロ・シフリン。戦争映画としても確実にベスト10に入る隠れた名作であるとちょっと声を大きくして認定したいと思います。

| | コメント (0)
|

2013/04/06

燃えよ剣

いよいよ連続放送開始か!?チャンネル猫さん。と、思いきやTV版ではなく映画版でした。ちょっと残念。栗塚旭さんの土方はボクの子供時代に見てたんだと思います。風の新十郎と同じく脳内に微かに記憶があります。そういう意味でもちゃんと見るのは今回が初めて。土方に殉じています。と、いう栗塚さんだからこその生きたナマの土方でした。なんと言っても原作者の司馬さんがOK!だしてるんですからね。当時のハードスケジュールが理由なのか栗塚さんに疲れが見えて顔色も悪いように見えます。余計に生々しく感じられます。去年、栗塚さんにお会いしましたが顔色もよくてお肌もつやつやでかなり健康そうな印象を受けました。体調が悪いという話しを聞いていただけに安心したものです。池田屋の跡地には居酒屋・池田屋が営業しています。先日、お昼をそこで食べようと思いまして行ってみたのですが支度中でした。あの現場で飲食するのもなんだかなぁ。とも思うのですがちょっと中に入ってみたい気もするもので。でも、あんまりその地で商売がうまくいっているようには思わないですよねどうも。 TV版の放送にも期待してますチャンネル猫さん。

| | コメント (0)
|

2013/04/05

蹴上にて。

Img_0110

| | コメント (0)
|

大阪フェスティバルホールに行ってきました。

Img_0167

これがウワサの大階段ですか。

Img_0168

上からのショット。

Img_0169

ここが入り口です。まだ入れません。

エスカレーターで5階まで上がってロビーらしいです。

Img_0170

いや~本当に再オープン待ってました!

グランキューブよさようなら。

5月のタツロー2公演、教授オーケストラ、

7月のジュリーとまた大阪フェスとの付き合いが始まります。

| | コメント (0)
|

2013/04/02

もう最高!!!でした。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

都をどり

Miyako1

| | コメント (0)
|

おハイロー!

雨の京都もまたいいものさ。(^∇^)

| | コメント (0)
|

2013/04/01

チケット発券してきました。

本当に取れてたんだ。という実感ありあり。

| | コメント (0)
|

火まつり

いわゆる廃盤になったままの状況のままなのでカンタンには見れなかったので今回の日本映画専門チャンネルでの放送は待ってました!早速録画保存しました。もう随分前に見た記憶はあるんですがその頃は色々なあのことこのことまったく知りませんでしたからね。実際に熊野の山も歩きましたし何よりも中上健次研究をしましたからかなり真剣に深く。ある意味製作体制も含めてもうこういう映画を作るのは不可能でしょう。そう思います。クライマックスも含めてなぜにソフト化されていないのか。ということも今なら理解できます。あのラストの気持ちがわかるかどうかでこの作品に対するおもいが違ってくるんだと思います。本当に再び見れてよかった。近い将来、新宮にある中上健次のお墓に参りたいと考えています。 生半可な気持ちでは行かないほうがよい。とも書かれているので行けてないのです。

| | コメント (3)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »